新入荷!を少しだけご紹介


初雪?ではないでしょうが、今日はしっかりと雪が積もりましたね。
静かなこんな日は先日仕入れた物の仕分けをしております。

大小さまざま、仕入れております・・・


新入荷は勿論これだけでは収まりませんので、追々ご紹介していきますね。
明日は晴れ予報です!ご興味のある方は是非ご来店くださいませ。
お待ちしております。

新商品を追加しました【New Arrivals】

可ナル舎オンラインショップより新商品のご紹介です。

今週は、二段重ねの桐の本体に美しい装飾を施した佐渡の衣裳箪笥、インテリアとしてもユニークな使い方が出来そうな鉄の燭台、そして可愛らしい手のひらサイズの獅子と恵比寿の木彫りです。和箪笥と古民具のカテゴリーで詳しくご紹介しています。

いずれの商品も可ナル舎店頭(東京都府中市白糸台1-26-4/水曜定休)で直にご覧いただくことが出来ます。府中・調布・三鷹・小金井・国立方面へお越しの際は、ぜひ可ナル舎店舗にも足をお運びください。

●商品一覧(時代箪笥):http://kanarusha.com/online/japanese-chest.html
●商品一覧(古民具):http://kanarusha.com/online/curios-folkart.html

●実店舗アクセス:http://kanarusha.com/top.php

新商品を追加しました【New Arrivals】

可ナル舎オンラインショップから新商品のご紹介です。

今週は、いずれも山形県米沢地方で製作され伝わった明治期の衣裳箪笥です。和箪笥のカテゴリーで詳しくご紹介しています。

●商品一覧:http://kanarusha.com/online/japanese-chest.html

いずれの商品も可ナル舎店頭(東京都府中市白糸台1-26-4/水曜定休)でも直にご覧いただくことが出来ます。府中・調布・三鷹・小金井・国立方面へお越しの際は、ぜひ可ナル舎店舗にも足をお運びください。

●実店舗アクセス:http://kanarusha.com/top.php

j0658.米沢桜紋衣裳箪笥 【 YONEZAWA TANSU CLOTHING CHEST 】

j0657.米沢桜紋スタンド箪笥 【 YONEZAWA TANSU CHEST WITH IRON LEGS 】

j0656.米沢桜紋小箪笥 【 YONEZAWA TANSU SMALL CHEST 】

2018.1.7~営業開始しました

新年は1/7より、可ナル舎店舗・オンラインショップ・工房は営業を開始しております。

今月より毎週水曜日が定休日となりますが、営業時間は10時~18時で変更はございません。

あらためまして2018年も何卒よろしくお願い申し上げます。

謹賀新年|可ナル舎より


新年おめでとうございます。

2018年も、皆様とお会い出来ることを楽しみにお待ちいたしております。

本年も引き続き灯屋可ナル舎を何とぞよろしくお願い申し上げます。

可ナル舎スタッフ一同


<年末年始の営業のご案内>
本年の営業再開は1月7日(日)を予定しております。休業中のメールでのお問合せにつきましては、7日(日)より順次返信させて頂きます(お問合せが多数の場合、一両日お待ち頂く場合がございます。何卒ご了承ください)。

<水曜定休日について>
今月より、可ナル舎は毎週水曜日を定休日とさせて頂くこととなりました。府中店舗・オンラインショップ・工房の営業はお休みとなりますのでご来店の際はご注意ください。皆様のご理解の程お願い申し上げます。

年末年始営業日/定休日のお知らせ


可ナル舎は本日をもちまして年内の営業を終了致しました。

この一年、骨董を通じて日本の文化をそれぞれに愛してやまない皆様との出逢いに、可ナル舎はいつも大いなるインスピレーションを頂いて参りました。また来たる新たな年にも、私たちは先人達から託されたこの骨董というすばらしい遺産を通じて、美しいものを愛でる尊い心を、皆様と日々心をあらたに共有して参りたいと思います。

皆様、今年も誠にありがとうございました。来年も実り豊かな一年となるよう、スタッフ一同、皆様のつつがない迎春をお祈り申し上げます。
———————————————————–
<年末年始の営業のご案内>
12月28日(木)~1月6日(土)は冬季休業のため店舗・オンラインショップ・工房のすべての業務をお休みとさせて頂きます。休業中のメールでのお問合せにつきましては、1月7日(日)より順次返信させて頂きます(お問合せが多数の場合、一両日お待ち頂く場合がございます。何卒ご了承ください)。

<水曜定休日について>
平成30(2018)年より、可ナル舎は毎週水曜日を定休日とさせて頂くこととなりました。府中店舗・オンラインショップ・工房の営業はお休みとなりますので、ご来店の際はご注意ください。ご理解の程お願い申し上げます。

仙台箪笥修理/冬至、鹿角解つる候

ご無沙汰しております、工房の伊東です。
年の瀬も瀬、今年もいろいろありました。

工房はイベント終了後の修理ご依頼も重なり、年末も慌ただしい空気に包まれています。

さて、今回の修理ご依頼品は、こちら仙台箪笥です。

ご依頼下さったのは宮城県仙台市のご出身の若い方で、この箪笥も同じく仙台市の若林地区で100年程前に製作されたアンティークです。

お祖父様の懐かしいイメージとともに、ご依頼主様が子供の頃から愛着を抱いてこられた品とのことですが、当初は土蔵の中にしまわれ、その後長くご家庭で使われる中で、様々な金具の破損、塗装の全体的な劣化、更には鼠害によるものと思われる大きく開いた引出しの穴など、かなりのダメージが全体的に見られる状態でした。

それでは作業開始です。まずは引出しをすべて取り外し、箪笥の躯体内部、そして引出し内部に溜まった積年の汚れやほこりを丁寧に取り除いていきます。


あらためて全体を見てみましょう。右下の扉板の外れ、引出しにぽっかりと開いた二つの穴、すっかり枯れてしまった塗装など、パッと見ただけでもかなりの傷みが目につきます。

鼠害による穴。これは気になりますね。

金具にも多くのダメージが見られます。抜けて紛失した鉄釘。

扉を留める丁番の破損。

合目(あいめ)板と呼ばれる金具が紛失し、右側の十字状の金具も一部欠けています。

枠部分の他より色が黒く見える箇所には、もともと金具が取り付けられていました。


このような状態でしたが、逐一修理していった結果、以下のようになりました。

大きく開いていた穴は、違和感のないよう古材で接ぎました(補色前)。

欠けていた鉄金具のパーツもサイズ・形状の合ったものを取り付けました。

丁番が壊れていた扉。

更に出っ張っていた引出しの組み直しと奥詰め調整。そして引出しをロックするための「かんぬき」と呼ばれる棒状の木製パーツが紛失していた箇所には、工房のストックにあった同様のパーツを加工調整の上、取り付けました。

こちらは仕上げ前の様子。

その後、修理箇所の補色と全体の色味を調整し、経年の味わいを活かすようオイルで仕上げを行いました。




完了です。

これからも永く受け継がれる家具となってくれる事を願っております。

工房より、今年一年お世話になった皆様へ感謝をこめて、
どうぞ良いお年をお過ごし下さい。
(担当・伊東)

クリスマスセール無事終了しました!

12月16日から本日25日まで、10日間にわたって開催しましたクリスマスセールも無事終了いたしました。
多くのお客様にお越しいただきまして、本当にありがとうございます!
初日はあんなにたくさんあったプレゼントコーナーもおかげさまでこんなに閑散としてしまいました!

今年の可ナル舎は27日までまだまだ元気に営業しております。
残り2日も皆様のお越しをお待ちしております!

松原


※年末年始の営業のご案内
12月28日(木)~1月6日(土)は冬季休業のため店舗・オンラインショップ・工房は全ての業務をお休みとさせて頂きます。休業中のメールでのお問合せにつきましては、1月7日(日)より順次返信させて頂きます(お問合せが多数の場合、一両日ほどお待ち頂く場合がございます。どうぞご了承ください)。

※定休日のご案内
平成30(2018)年より、可ナル舎は毎週水曜日を定休日とさせて頂く事となりました。府中店舗・オンラインショップの営業はお休みとなりますので、ご来店の際はご注意ください。皆様のご理解の程お願い申し上げます。

クリマスセール・店頭商品のご紹介

店頭とオンラインショップの全商品が15%~20%割引となる可ナル舎クリスマスセールは、いよいよ明日からの週末そして25日の最終日と佳境を迎えます。
画像の品々はオンラインショップではまだご紹介していない店頭のみの取扱い品です。また店頭ではこうした商品を始め、数多くのアンティーク和箪笥を始めとした日本の古道具・古美術工芸も様々に取り揃えております。
 
この年の瀬、そして新年をともに過ごす日本のアンティークを、東京府中の可ナル舎でぜひ見つけてください。
スタッフ一同、皆様のご来店を心よりお待ち申し上げます。
———————————————————————————-

飾り棚のご搬入

最近はクリスマスセールに関する記事が多いですが、修理のご依頼も多くお受けしております!
今回は飾り棚の修理依頼です。背板側の組子部分が壊れてしまい、
他にも反りの直しなど細かく調整が必要なお品物でした。



そちらを搬入した様子がこの画像です。
こだわりの詰まったご新居の、玄関正面に置かせて頂きました。
組子の部分の白は壁紙ですが、まるで和紙を貼っているような感覚を覚えます。
床材の無垢板と相まって、空間全体の調和が美しく感じます。

可ナル舎では家具の修理、リメイク等も承っております!
Facebookもございますのでどうぞご覧下さい!
可ナル舎 工房FB

松原