お知らせ
5/25-6/2 アンティーク和家具種々とりどり
◆臨時休業5月22.23.24日

ブログ&ニュース

2019.05.25 【店舗ブログ】
2019.05.21 【店舗ブログ】
2019.05.05 【ショップニュース】
2019.05.02 【ショップニュース】

修理工房


可ナル舎のご紹介

店舗名を限りない「可能性が成る」から出典し、「可ナル舎」は2004年秋、都心から約30分の府中市にOPENしました。 明治期の時代箪笥を中心とした和骨董の販売と、併設した修理工房では時代箪笥・アンティーク家具の修理・リメイクを行っています。
時代の中で人の手により生み出され「大切にされてきた物」を次の「大切にしてくれる人」にバトンを渡す様に手渡してゆく。
そんなバトンのリレーを使命として私達は一生懸命走り続けます。




店舗紹介

200坪の敷地に建つ大きな倉庫内に、明治~大正期の和箪笥類を常時100点以上ストックしています。
その他にも、ガラス棚、テーブル、建具、陶磁器、銅器などなど、1階から2階まで
店舗全体をゆっくりご覧頂けます。
こちらのGoogleインドアビュー(ストリートビュー)でも店内の様子をご覧頂けます。




MAP



可ナル舎MAP

【可ナル舎】
〒183-0011
東京都府中市白糸台1-26-4
TEL:042-335-5253
FAX:042-335-5845
E-mail: online@kanarusha.com

アクセス
■電車の場合
西武多摩川線「白糸台」駅より徒歩5分 京王線「多磨霊園」駅より徒歩7分
■お車の場合
中央高速調布ICより府中立川方面へ5分

営業時間:10:00~18:00
1月は水曜定休日(夏・冬期休業あり)








イベント情報




【 アンティーク和家具種々とりどり 】


期間:5月25日(土)~6月2日(日) 10時~18時
会場:可ナル舎(東京都府中市白糸台1-26-4)

可ナル舎の初夏の企画『アンティーク和家具種々とりどり』を開催いたします。
 和家具と言えば、座卓や桐の箪笥を思い浮かべる方が多いかと思いますが、100年以上前、明治時代に作られた和箪笥の世界に足を踏み入れると、デザインや用途、材料などが作られた地域・時代・持ち主ごとによって驚くほど豊かな広がりがあることが分かります。桜の花を金具にあしらった米沢箪笥は優美で端正な風合いを、豪奢な透かし金具の佐渡地方の箪笥は無二の個性を日常の中に運び込んでくれます。
身近な生活の道具でありながら常に新しい発見を私たちに教えてくれるアンティーク和家具の世界をどうぞお楽しみください。

皆様とお会い出来ます事を心から楽しみにお待ち致しております。お誘い合わせの上、是非足をお運びください。

 -------------------------------------------------------

 ■期間:5月25日(土)~6月2日(日) 10時~18時
■場所:東京都府中市白糸台1-25-4(京王線多磨霊園駅・西武多摩川線白糸台駅より徒歩、中央線武蔵小金井駅より多磨霊園駅行バス/駐車場有)
■特典:20%割引* *一部商品を除きます。
 

 ■オンラインショップ: http://kanarusha.com/online/
■インスタグラム: https://www.instagram.com/kanarusha_antiques/