可ナル舎

j0606.桐最上衣装箪笥 【 MOGAMI KIRI CLOTHING CHEST 】

200,000円

   

(English text below)

山形県・最上地方で製作された桐製の箪笥です。
柔らかな表情を持った桐材と、余白を生かすようにやや小ぶりに作られた錠前金具。年代を経た桐の素肌には穏やかな美しさがたたえられてます。一方、天板と側面、背面には落ち着きのある赤みがかった仕上げがなされ、その対照的なコンビネーションから生まれる全体の表情に、重厚な鉄金具がリズミカルな調子を加えています。
日本的デザインの魅力とも言える落ち着きと静謐さが、桐を使った箪笥という身近な家具に表現された好例と言えるかもしれません。

【状態について】
全体的に目立ったダメージはなく良好な状態です。付属品:鍵×3。
※ご購入の前にこちらをご確認下さい。

【この商品についてのお問合せ】
・Email >> online@kanarusha.com
・Tel >> 042-310-9305

Kiri (paulownia) has been one of a major wood materials used to make the furnishing goods because of its functionality such as dampproof and strong fire resistant nature in Japanese crafts history. And besides, the material generaly shows gentle, graceful texture, and it has enchanted many Japanese craftmen and art lovers since ancient period. This kiri-tansu is a very good example of what material can do to make your room cosy and relaxing in a Japanese traditional way.
With three keys. In good condition.
※General notes before purchasing→Click here

Price : 200,000JPY
Quantity of stock : 1
Shipping code: 4 ( only for Japan/ please ask for international delivery fee )
International payment : PayPal
Request more information on this item >> online@kanarusha.com

在庫数:1
配送区分:4

商品コード  j0606
高さ  H97(上段・Upper 47.2|下段・Bottom 49.5)cm
幅  W112.4cm
奥行き  D45.5cm
産地  山形県・最上地方|Region: Mogami, Yamagata
素材、材質  桐・杉|Wood: Paulownia ( Kiri, front ), Japanese cedar ( Sugi )
時代  明治期|Era: around 1900s


※画像にカーソルを当てると拡大画像を表示します。