可ナル舎

j0602.京都一間水屋箪笥 【 KYOTO MIZUYA KITCHEN CABINET 】

490,000円

   

(English text below)

関西地方で製作された明治・大正期の水屋箪笥です。
幅は一間、現在のサイズに換えると約1.8メートル。桧を用いた太い枠造りと相まって、堂々たる偉観です。
3面の棚と12杯の引出しからなる豊富な収納部は、食器や大小様々な調理器具、台所まわりの備品類などをしまうのに不足ない収納量を備えるとともに、引戸の縦桟・横桟、蝿帳の金網、透かし彫り、引手金具の曲線といった一連のディテールにも、日本独特の完成された意匠構成を見る事が出来ます。
一間水屋箪笥は、過飾に走らず簡明でありながら、過不足のない機能性と構造美を持った「日本建築の雛形」ともいえる和家具の真骨頂を示す好例ではないでしょうか。

【状態について】
枠部・棚内・金具など全体的に良好な状態を保っており、ご使用に差し支えるようなダメージは見られません。棚内部の中板は工具無しに取り外しが可能です。
※ご購入の前にこちらをご確認下さい。

【この商品についてのお問合せ】
・Email >> online@kanarusha.com
・Tel >> 042-310-9305

A 1,800mm wide magnificent Mizuya Kitchen Cabinet with three shelves and twelve drawers, made in Kyoto region in early 20th century. In very good condition.

■Dimensions (cm)
・Overall  H 168.5 ( Upper section H 85.6 / Lower section H 82.5 ) / W 185.5 / D 49
※General notes before purchasing→Click here

Price : 490,000 JPY
Quantity of stock : SOLD
Shipping code: 7 ( only for domestic Japan/ please inquire for international shipping estimation )
International payment : PayPal
Request more information on this item >> online@kanarusha.com

在庫数:SOLD
配送区分:7

商品コード  j0602
高さ   H 168.5 ( 上段85.6 / 下段82.5 ) cm
幅   W 185.5 cm
奥行き   D 49.5cm
産地  京都地方|Region: Kyoto, Kansai
素材、材質  欅(前板)・桧(枠)・杉(その他)|Woods: Zelkova ( keyaki, front face ), cypress ( hinoki, frame ), Japanese cedar
時代  明治・大正期|Era: early 20th century


※画像にカーソルを当てると拡大画像を表示します。