可ナル舎

時代箪笥 和箪笥 Japanese antique furniture, chest,  TANSU

山から木を伐り出して製材し、漆で仕上げ、打出した金具を取り付ける。職人達の手わざのみで作り上げられた明治期の時代箪笥。
同等の材料を揃えることも一から同じ作業をすることも今では難しく、もう作り出せない物ばかりです。
時代箪笥の価値は”稀少”なだけではなく、その一点に掛けられた時間と職人達の技、そしてそれが大切にされ手渡されてきた事にあると可ナル舎は考えます。 その価値を大切にしながら現代の生活にも快適にお使い頂くために、併設の工房で手を掛け、皆様にお渡ししています。
こだわりの空間に、共に過ごしていく家具として、可ナル舎の時代箪笥をご紹介いたします。