可ナル舎

j0572.総欅船箪笥(半櫃) 【SHIP CHEST】

400,000円

   

(English text below)

江戸後期から明治期に北陸地方で製作された船箪笥です。
こちらは「半櫃(はんがい)」と呼ばれるタイプで、北前船の船頭達が主に衣装入れとして船中で用いたものです。
流麗な杢目を持つ欅の慳貪(けんどん)蓋を開けると、中は二段の引出しだけというシンプルな構成。外観に反して大きな品物も収納出来る実用性も備えています。堂々たる姿はモダンなインテリアの中でも大いに映えるに違いありません。

【状態について】
特にご使用に差し支えるようなダメージはありません。
下段引出しの底板に隙間が見られます(画像12枚目)。前板に少し反りがあるため右の掛け金を掛ける際は板を押し込みながら行います(左の掛け金だけでも蓋が外れる事はありません)。付属品:鍵×1。
※ご購入の前にこちらをご確認下さい。

【この商品についてのお問合せ】
・Email >> online@kanarusha.com
・Tel >> 042-310-9305

Ship chests(Funa-dansu) were shipboard storage boxes that were used by prosperous sea merchants on the seaway of Kitamaebune from 18th century to early 20th century.Ship chests can be classified into major three types:kakesuzuri,chobako and hangai according to their forms and usages.

This hangai-chest is thought to be used on a trading ship to carry a shipowner's clothing in late 19th century.The front board was made of zelcova(keyaki) with flowing grain,and it has simply two drawers inside which allows to house quite larger things in spite of rather small looking.In good condition,a spontaneous crack in a drawer(see photo 12).With a key.
※General notes before purchasing→Click here

Price : 400,000JPY
Quantity of stock : 1
Shipping code: 2(only in Japan/ask for international delivery)
International payment : PayPal
Request more information on this item in English >> online@kanarusha.com

在庫数:1
配送区分:2

商品コード  j0572
高さ  H45.5cm
幅  W81.5cm
奥行き  D42.8cm
産地  北陸地方|Region:Hokuriku
素材、材質  欅、桐(引出し内)|Wood:Zelcova(Keyaki),Paulownia(Kiri,inside)
時代  江戸後期~明治中期|Era:late 19th century


※画像にカーソルを当てると拡大画像を表示します。
ページ 1/3