可ナル舎

j0561.船箪笥(帳箱) 【SHIP CHEST】

410,400円

   

(English text below)

江戸後期から明治期に北陸地方で製作された船箪笥です。
こちらは帳箱と呼ばれるタイプの船箪笥で、主に船頭が所持し、交易に関する重要書類や現金などの貴重品を収納したものです。前扉の中央にあしらわれているのは所有者の家紋。そこから当初、特注品として製作された事が窺われます。
前扉を外すと目に留まるのは流れるような欅の杢目。鎧をまとったかのような無骨な外観とは裏腹に、内部には和箪笥らしいたおやかさな素顔も併せ持っています。
※現在箪笥・建具・家具カテゴリー(配送区分1~7)の代金引換支払いを停止しております。ご不便をお掛け致しますが何卒ご理解の程宜しくお願い申し上げます。※cash on delivery cannot be used on this item.
【状態について】
特にご使用に差し支えるようなダメージは見られません。
引出し底板に乾燥収縮により生じた隙間(中段・下段中央)、本体底部には補強のための板が貼られています。前扉の錠前(3ヶ所)はフリーとなっておりロックは出来ません。付属品:鍵×2。
※ご購入の前にこちらをご確認下さい。

【この商品についてのお問合せ】
・Email >> online@kanarusha.com
・Tel >> 042-310-9305

Ship chests(Funa-dansu) were shipboard storage boxes that were used by prosperous sea merchants on the seaway of Kitamaebune from 18th century to early 20th century.Ship chests can be classified into major three types:kakesuzuri,chobako and hangai,according to their forms and usages.
This chobako chest has a family emblem at the centre of drop-fit door which tells it was a custom-made of a merchant seaman.In good condition,some spontaneous cracks in drawers,reinforcing wood board in the bottom.
※General notes before purchasing→Click here

Price : 380,000JPY
Quantity of stock : 1
Shipping code: 1(only in Japan/ask for international delivery)
International payment : PayPal
Request more information on this item in English >> online@kanarusha.com

在庫数:1
配送区分:1

商品コード  j0561
高さ  H34.3cm
幅  W52.5cm
奥行き  D35.5cm
産地  北陸地方|Region:Hokuriku
素材、材質  欅(前板)・杉・桐|Wood:Zelcova(Keyaki,front),Japanese cedar(Sugi),Paulownia(Kiri)
時代  江戸後期~明治期|Era:late 19th century


※画像にカーソルを当てると拡大画像を表示します。
ページ 1/3