店舗ブログ

平和島全国古民具骨董まつり 12/8から

2017.12.3

今年最後の骨董祭に向けて、只今準備中です。

先日ご紹介した佐渡の衣装箪笥や新入荷の車箪笥などなども店頭より先に平和島に並びます!

杢目が美しい車箪笥。

迫力のある仙台箪笥。

使い勝手抜群、小抽斗多数の松本箪笥。(修理前の画像です。仕上がりをお楽しみに。)

箪笥はもちろん、小物も何を持ち込むか思案中。

質、量、ディスプレイ・・・可ナル舎は今回も皆様に楽しんで頂けるブースを目指します!!
お時間のある方は是非骨董祭にお越しください。

【平和島全国古民具骨董まつり】
■会期:2017年12月8日(金)・9日(土)・10日(日)
■時間:AM10:00-PM5:00(最終日のみ4時閉場・入場3時まで)
■会場:東京流通センタービル(東京モノレール線「流通センター」駅下車すぐ)
■平和島全国古民具骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html

※12/6は準備の為にお店をお休みさせて頂きます。

可ナル舎13周年大感謝SALE!!

2017.10.30

可ナル舎Facebookページでは、ブログでご紹介していない最新のセール情報を発信しています。ぜひ皆様のフォローをお待ちしております。

11/9追記:4日間に亘る『可ナル舎13周年大感謝SALE』は盛況の内に終了致しました。今回イベントに合わせご来場下さった皆々様、誠にありがとうございました!店舗は既に通常営業へと戻っていますが、今月も新たな商品が続々と入荷する予定です。
秋の散策日和に、著名人も多く眠る多磨霊園や紅葉色づく都立野川公園、調布飛行場、味の素スタジアムなどへお越しの際は、多磨霊園参道沿いの可ナル舎にも是非お立ち寄り下さい!皆様のご来店をお待ち致しております。

——————————————————————————————

いよいよ11月2日(木)より、年に1度・最大の『13周年大感謝SALE』が始まります。

セールの目玉は、何と言っても全商品が20~40%割引となる、この4日間限定のお得なサービス。和箪笥を始めとした全ての商品が、日頃見られないお値打ちの価格でご購入頂ける、年に1度のチャンスです。

また、店頭には殆どオンラインショップではご紹介していない和箪笥など数多くのアイテムを始め、様々な骨董・アンティーク商品も同じセール価格でご購入頂くことが出来ます。更には、半額商品や掘出し物を揃えたストックヤードでの特別コーナーも例年通りにご用意する予定です。
ぜひお誘い合わせのうえ、皆様のお運びをお待ちしております!

日時:11月2日(木)~11月5日(日)午前10:00~午後6:00
場所:可ナル舎(東京都府中市白糸台1-26-4/電車・車ともに新宿より約30分、甲州街道すぐ)
アクセス情報:http://kanarusha.com/top.html
お問合せ先:042-335-5253(10時~18時受付)

『13周年大感謝SALE』インフォメーション⇒
http://kanarusha.com/top.php(店頭)
http://kanarusha.com/online/13th-sale(オンラインショップ)

Facebookページでもセール情報を発信しています。皆様のフォローをお待ちしております。
可ナル舎Facebookページ

※府中店頭/オンラインショップ同時共催でのイベントです。サービス内容には若干の相違がございます。予めご了承下さい。
10月30日(月)、31日(火)、11月1日(水)、6日(月)の前後4日間は店舗休業とさせて頂きます。お越しの際はお間違えのないようお気を付け下さい。

———————————————————————————————-

ここで、13周年記念セールのまめ知識をひとつ。

ご来店をお考えのお客様におすすめしたいのは、やはり第1日目のお昼前。例年、初日は平日のためご来場のペースはゆったり目のことが多いですが、午後になると人出も徐々に増えていき、手頃な価格の商品を多くお手に取っていただける時間帯に入ってきます。気になる商品がお有りの方は、初日もしくは2日目の午後遅くならないい時間までにお越し頂けるとタイミング的には良いかもしれませんね。

とは言っても、やはりセールが最も賑わいを見せるのは、週末の土曜・日曜日。週末は早めにご来店になり、午後までゆっくりとお時間をかけて商品をご検討になられるお客様もよくいらっしゃいます(近隣のお食事処はスタッフまでお気軽にお尋ねくださいね)。箪笥などの家具類が出ていくのも、やはりこの週末が最も多いように思います。

今回も、お越し頂いた皆様には、ささやかなお飲物などの飲食もご用意させて頂く予定です。期間中は日本文化に関心の深い外国の方のグループも多く、広い店内でゆったりと日本の骨董品をお手に取り寛いでいただきながら、インターナショナルな場の雰囲気も楽しんで頂ければと思います(店内ではお好みに応じてワインなどのご用意もございます。お越しには公共交通機関も併せてご利用ください)。

なお期間中、DMハガキをご持参頂いた方には、レジにて特別クーポンとの引き換え特典もございます。ご来店の際、入口付近の芳名帳にご記入頂いたお客様には、次回以降、年数回イベントのお知らせを郵送させて頂きます。こちらも是非ご利用ください。

※可ナル舎では、【古美術工芸・骨董・現代美術(工芸)・着物等の査定・買取り】、また弊社工房での【家具・建具等の修理・リメイク】のご依頼も承っております。ご検討中のお客様はご来店時にお気軽にスタッフまでお尋ね頂ければと思います。

店舗休業日のお知らせ

2017.10.29

10月・11月の府中店の営業予定は以下の通りです。

【 店舗休業日 】
10月30日(月)、31日(火)、11月1日(水)、6日(月)

11月2日(木)~11月5日(日)は『13周年大感謝SALE』を開催致します。ご来店の際は何卒お間違えのないようご注意下さい。

丸棚と店舗休業日のお知らせ

2017.10.19

※可ナル舎店頭では11月2日(木)~11月5日の4日間『13周年大感謝SALE』を開催致します。前後の10月30日(月)、31日(火)、11月1日(水)、6日(月)はお休みとさせて頂きます。ご来店の際は何卒ご注意下さい。


雨の天気が続きますね。段々と冷え込んでまいりました。
さて、可ナル舎の入り口脇にはこのような丸い棚があります。
今回はこちらから個性的な面々をご紹介…。

左から、木彫の人物置物(¥48,000 SOLD)、魚の横木(¥28,000)、青磁の犬置物(¥3,500)

木彫の人物は姫路城の古材から作られたと刻印があります。

SOLD


石のふくろう(¥36,000)
どことなく荒々しい(?)顔です。このようなふくろうはあまり見ない気がします。

木彫の面(¥51,000)
こちらは穏やかな顔です。

小さな穴がいくつも開いてます。紐を通すのに使ったのでしょうか。

寒さのために入口の扉を閉めるようになった可ナル舎ですが、毎日変わらず営業中です。
皆様のご来店を心よりお待ちしております。
松原

日曜まで!平和島全国古民具骨董まつり

2017.9.16

今日は骨董まつり2日目。
気が付けば明日17日で終了です。
この画像は2日前の搬入日の設営風景。


今日の時点でいくつかの箪笥や小物たちは新しい持ち主のもとへ。
でもご安心ください。商品を補充しておりますので明日もお買い物をお楽しみ頂けます!




明日の入場は3時まで。お近くにお越しの方、箪笥をお探しの方は是非ご来場ください。最終日プライスになるかもしれませんよ?!

平和島全国古民具骨董まつり
■会期:2017年9月15日(金)・16日(土)・17日(日)
■時間:AM10:00-PM5:00(最終日のみ4時閉場・入場3時まで)
■会場:東京流通センタービル(東京モノレール線「流通センター」駅下車すぐ)
■平和島全国古民具骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html

府中の可ナル舎は通常通り営業しておりますので
こちらも皆様のお越しをお待ちしております。

長谷川

今週末開催!!「平和島全国古民具骨董まつり」のお知らせ

2017.9.13


和洋骨董ファンのみなさま、お待たせいたしました!暑かった夏を乗り越え、いよいよ秋の平和島骨董祭の季節がやって参りました。

ご存知、平和島骨董祭は日本で最も古く、かつ最大級の規模を誇る屋内型の骨董・アンティークフェア。今回も全国280店以上の出店者さんとともに、可ナル舎も出店いたします。

本日、店舗はお休みを頂き、明日の平和島骨董祭搬入に備え着々と準備を進めている最中です。搬出準備の合間を縫って、可ナル舎から持っていく予定の品々を少しだけご紹介しますね。


可ナル舎が自信を持ってお勧めする美しい時代箪笥を中心に、様々な新入荷商品も交えて出品する予定です。

秋の休日に空高い東京モノレールに乗って、ぜひ平和島骨董祭に足をお運びください。可ナル舎スタッフ一同みなさまのご来場をお待ちしております!

■会期:2017年9月15日(金)・16日(土)・17日(日)
■時間:AM10:00-PM5:00(最終日のみ4時閉場・入場3時まで)
■会場:東京流通センタービル(東京モノレール線「流通センター」駅下車すぐ)
■平和島全国古民具骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html

新入荷と平和島骨董まつり 

2017.9.10

こんにちは。可ナル舎の長谷川です。
今日は秋らしさを感じた気持ちの良い日曜日でした。
皆様はどこかへお出かけされましたか?

さて、箱展以来、ご無沙汰してしまいましたが
新入荷の品を少しご紹介させて頂きます。
工房側には数点の修理を終えた箪笥が。

欅仙台衣装箪笥。仙台箪笥特有の花菱文と唐草があしらわれた錠前金具。金具も厚く、欅の杢目も見事な一棹です。

こちらは左右に4段づつ、計8杯の引き出しのついた小箪笥。雰囲気もあり、使い勝手も良さそうなおすすめの箪笥です。


そして、米沢の衣装箪笥上段部分。こちらは上下段を分けてスタンドを用意しております。

これらは今週金曜日から開催される平和島全国古民具骨董まつりに出品予定です。
ご興味のある方は是非会場で実物をご覧ください。
もちろん事前の商品についてのお問合せも受け付けてますよ。
ご連絡はこちらまで 
kanaru-sha@akariya.co.jp
TEL: 042-335-5253

—————————————
『平和島全国古民具骨董まつり』
■会期:2017年9月15(金)・16日(土)・17日(日) AM10:00-PM5:00(最終日のみPM4時閉場・入場3時まで)
■会場:東京流通センタービル(東京モノレール線「流通センター」駅下車・徒歩1分)
■平和島全国古民具骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html

※骨董祭準備の為、可ナル舎は13日休業致します。
14日以降通常通り営業しておりますので皆様のお越しをお待ちしております。
—————————————

SALE~8/31『箱、函、ハコ展』開催中!!

2017.8.27

8/26(土)から始まった可ナル舎・夏のSALE『箱、函、ハコ展』。初日の土曜日そして2日目の今日と、連日沢山のお客様に足をお運び頂いています!

店内1階正面は、文字通り箱の山。

こちらは1F奥のコーナー。本店灯屋からもイベントに合わせ沢山の「箱」たちが到着しました。
この一角は日本の美術工芸の質の高さを窺い知る事の出来る見事な品々が揃っています。

小さな品々ですが、粋を極めた精緻な作りに目を見張ります。

さりげない趣向にもハッとさせられます。

1F手前のコーナーには、実際の暮らしのなかで楽しみながら使える日本の箱類を揃えています。

印鑑や文房具などを入れた小さな箱たち。

左は寄木細工の可愛らしい小箱。

こちらは入れ子の切り溜めと、一斗升(いっとます)。
使い方次第では既製品にない素敵なインテリアを作りだす事も出来そうです。

アンティークの鏡台。身支度という毎日の何気ない習慣を豊かな時間にしてくれるかもしれませんね(古鏡は別売。鏡台として実際にお使いになる場合は新しい鏡をご使用ください)。

8/28(月)までは、修理工房の開放も行っておりますので、家具の修理やリメイク等をお考えの方は、この機会にぜひ修理工房スタッフまでご相談ください(下の写真は工房風景)。

『箱、函、ハコ展』は、8/31(木)まで。
今週も引き続き皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております!


【 箱、函、ハコ展 】
古今東西、昔から中身や用途に合わせ作られてきた箱。木製の頑丈な“銭函”、携帯筆記用具入れ“懸硯”、軽くて運びやすい竹の“文庫”、蒔絵の重箱、針箱、印箱・・・、今回、箱、函、ハコを一挙に集め20%OFF!!箱類は勿論、その他特価品も多数ご用意。どうぞお見逃しなく!

会期:2017年8月26日(土)~ 8月31日(木) 10時-18時
場所:可ナル舎1F(東京都府中市白糸台1-26-4)
Tel:042-335-5253
Email: kanaru-sha@akariya.co.jp


 

8/24.25お休みです。【箱、函、ハコ展 8/26~31】

2017.8.23

可ナル舎店舗は夏季休業&イベント準備の為、明日、明後日(8/24,25)とお休みいたします。
26日から31日までは箱・匣・筥・函・筐・・・を集めたハコ展!!
是非ご来店下さい。


【 箱、函、ハコ展 】
古今東西、昔から中身や用途に合わせ作られてきた箱。
木製の頑丈な“銭函”、携帯筆記用具入れ“懸硯”、軽くて運びやすい竹の“文庫”、
蒔絵の重箱、針箱、印箱・・・、今回、箱、函、ハコを一挙に集め20%OFF!!
箱類は勿論、その他特価品も多数ご用意。どうぞお見逃しなく!
会期:2017年8月26日(土)~ 8月31日(木)
場所:可ナル舎
東京都府中市白糸台1-26-4
Tel:042-335-5253

眼に涼しさを

2017.8.20

8月も下旬に差し掛かりました。今年の夏は雨が沢山降りますね。
それでもやっぱり夏は暑いので、せめて眼で見て涼しくなるようなレイアウトにしてみました。



和の夏と言えば簾(すだれ)ですが、その中でもよりきめ細かく作られて、画像のように四辺に布をつけたものを御簾(みす)と呼びます。

店内は簀戸を配置して開放的な雰囲気を目指しました。
鉄の輪で作られた棚にはバラエティ豊かなものを置いています。

また、いよいよ8月26日から始まる「箱・函・ハコ展」の準備も着々と進めております!

職人の丁寧な作業によってより魅力的になった箱たちを、早くご覧に入れたいです。

「箱・函・ハコ展」の詳細はこちらからどうぞ!

松原