Archive for 2月, 2018

平和島骨董祭3/2(金)~3/4(日)開催!!

2018.2.28

3/5追記:今回、平和島骨董祭に足をお運び頂きました皆様、誠にありがとうございました。次回平和島骨董祭は5/3(木)~5(土)の開催を予定しております。次回も皆様のお越しをお待ち致しております!
———————————————————————————————-
3/2追記:本日より平和島骨董祭が始まりました!
可ナル舎ブースにも10時の開場から多くのお客様がお越し下さっています。会場の東京流通センタービルまでのアクセスは、JR山手線・浜松町駅から東京モノレールに乗り換え「流通センター駅」下車徒歩1分です。
本日は17時までオープンしておりますので、どうぞお立ち寄り下さい!



———————————————————————————————-
3/1追記:いよいよ明日3/2(金)より開催の平和島骨董祭。こちらは初日を控えた今日、セッティングが完了した可ナル舎ブースの様子です!
様々なタイプの衣裳箪笥や大型の水屋箪笥、帳場箪笥、船箪笥、古手の岩谷堂箪笥、サイドボード仕様の箪笥などの和家具を中心に、各種の工芸・古民具類を会期中の3日間販売いたします。

明日の初日は午前10時から。ぜひ皆様お誘い合わせの上お越し下さい。可ナル舎スタッフ一同お待ち致しております!!


———————————————————————————————-

今週3/2(金)~ 3/4(日)の3日間、平和島骨董祭が開催されます!

ご存知の方も多いかと思いますが、平和島骨董祭は全国から280店舗以上の骨董店・アンティークショップを集め、広大な東京流通センター(大田区・平和島)で行われる日本有数の屋内型アンティークフェアです。


今日の可ナル舎風景。明日の搬出に備え、大型トラックには続々と商品が積み込まれていきます。


今回も、可ナル舎は灯屋との共同ブース(A44)で和箪笥を始め、古美術・古民具など選りすぐりの品々を多数展示販売いたします。


日頃、府中の店舗に来られない方も、この機会に是非足をお運び下さい。査定・買取り(新旧美術・工芸、骨董・時代家具等々)や家具修理のご相談も会場にて承りますので、ご検討中のお客様は当日スタッフまでお気軽にお知らせ下さい。

スタッフ一同、皆様とお会い出来る事を楽しみにお待ちしております!

************************
【 第172回 平和島全国古民具骨董まつり 】
場所:東京流通センタービル(東京モノレール「流通センター」駅下車すぐ)
日時:2018年3月2日(金)、3日(土)、4日(日)
     10時~17時(最終日は16時閉場・入場15時まで)
詳しくは下記サイトをご覧下さい。
平和島骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html
************************

雛飾り

2018.2.24

寒さも少しづつ緩み、東京府中の可ナル舎でも春の気配を感じております。
この時期に毎年飾っている雛飾りを今年は入り口近くに。

階段箪笥の上段部分をリメイクした箪笥に飾ってみました。

桃の花も店内に飾ると一気に春の雰囲気に。

そうそう、可愛い椅子も入荷いたしました。

深い緑の地に角七宝に似た紋様。

春へ向けて、お部屋の模様替えにも良いですね。

ご興味のある方はぜひ店頭でご覧ください。

長谷川

新商品を追加しました【New Arrivals】

2018.2.23

可ナル舎オンラインショップより新商品のご紹介です。

いずれの商品も可ナル舎店頭(東京都府中市白糸台1-26-4/10時-18時・定休無し)で直にご覧いただくことが出来ます。府中・調布・三鷹・小金井・国立方面へお越しの際は、ぜひ可ナル舎店舗にも足をお運びください。
※2月より全日通常営業となっております。

●実店舗アクセス:http://kanarusha.com/top.php

j0666.スタンド付米沢衣裳箪笥 【 YONEZAWA TANSU CHEST WITH IRON LEGS 】

f0183.ダイニングチェア 【 DINING CHAIR 】

f0182.陶製オブジェ 【 OBJECT WARE 】

k0354.マリア木像 【 WOOD CARVING OF SAINT MARY 】

お客様のレイアウト(最上衣裳スタンド箪笥)

2018.2.22

12月のクリスマスセールにて最上衣裳スタンド箪笥をお買い上げ頂いたお客様のお宅へ、納品させて頂きました!


こちらが箪笥を置く前のお部屋です…。


しっかり納まりました!


和箪笥の色と赤い壁紙が上手く調和されていると思います。
壁紙が印象的な洋風のお宅ですが、和箪笥を置いても違和感がありません。
スタンドを履かせて高さを出すことによって、このように和箪笥も洋風の空間に馴染みます!

松原

姿見にする

2018.2.18

立春、薄氷のころ、オリンピックに湧いております。
いまだいつかの大雪の名残で、とけきれない雪があったりします。
まだまだ地方によっては大雪の影響を受けている方々もいるのでしょう。

さて、工房、わたわたと過ごしております。
そんな中、リメイク品のご紹介。
以前可ナル舎で内装のお手伝いをした美容院様をご覧になられたお客様。
当初ご来店頂いた時は、古材を使用して大きな姿見を作れないかとのことでした。
しかし、こちらで持っている古材ではなかなか枠を作るには難しく、
手持ちの商材で大きなガラス戸があったので、そちらのガラス戸を鏡に換えてはいかがでしょうとご提案、お話が進みました。


こちらがそのガラス戸。本来横長の向きですが、縦長の向きで使います。


全体クリーニング、さっぱりさせまして。


ガラスを抜いて、鏡をはめ込み、裏にボードをあてがい、


上部に転倒防止のフックを取り付けられるように古い丸環を。
個人的にはこの丸環を取り付けた事が肝かと。


使い込まれた木材の質感と合って、表情もついた気がします。


で、さっとオイル仕上げ。
納品です。


随所にこだわりが伺えるお宅に納められました。
仕上がりもご満足頂けるものとなり、喜んで頂けました。

時には、こんな風にお客様の求められるモノを可ナル舎の商材をアレンジする事でご要望にお応え出来るかもしれません。

(担当・伊東)

新商品を追加しました【New Arrivals】

2018.2.16

可ナル舎より新商品のご紹介です。

いずれの商品も可ナル舎店頭(東京都府中市白糸台1-26-4/10時-18時・定休無し)で直にご覧いただくことが出来ます。府中・調布・三鷹・小金井・国立方面へお越しの際は、ぜひ可ナル舎店舗にも足をお運びください。
※2月より全日通常営業となっております。

●商品一覧(古美術・工芸):http://kanarusha.com/online/japanese-art-craft.html
●実店舗アクセス:http://kanarusha.com/top.php

k0353.根付(犬)【 JAPANESE OLD NETSUKE – DOGS 】

k0351.根付(馬と鼠)【 JAPANESE OLD NETSUKE – HORSE & RAT 】

k0352.根付(獅子頭)【 JAPANESE OLD NETSUKE – SHISHIGASHIRA 】

k0350.根付(菊)【 JAPANESE OLD NETSUKE – CHRYSANTHEMUM 】

お客様のレイアウト(車帳場箪笥)

2018.2.9

本日もお客様のレイアウトをご紹介させて頂きます!


白い壁、赤いラグ、そして風合いのある車帳場箪笥。
これだけでも充分カッコいいのですが…


金色の絵画を壁に掛けることでより魅力的なインテリアになっています。


スケルトンの軽やかなテーブル・イスと重厚な車帳場箪笥が一つの空間にある面白さを感じます!

松原

お客様のレイアウト

2018.2.5

実際に和家具をお持ちの方、もしくはこれから手に入れたいと思っている方はこう考えたことはありませんか?
「他の人達は和家具をどんな風に暮らしに取り入れているんだろう?」
「インテリアに和家具を取り入れたいけれど、参考になる資料があまりない!」

今回は、当店で和箪笥をお買い上げいただいた方にご協力いただきまして、ご自宅でのレイアウトの様子をご紹介させて頂きます!



スタンド付き相馬箪笥をお買い上げいただいたお客様です。
テレビ台として部屋の角のスペースに丁度よく納まっています。


小箪笥2点をお買い上げ頂いたお客様です。
印象の違う2点がお互いの良さを引き立てます。
組紐作家さんのアトリエに置かれています。

いかがでしたでしょうか?
和家具をどうやってレイアウトするか、この点に関して参考にできる情報が世の中には意外と少ないと思います。
今後、可ナル舎ではお客様が実際にどのように和家具を生活に取り入れているのか、そのご様子をご紹介できればと思っています。
そこで、以前に当店で和家具をお買い上げいただいた方で、ご自宅のレイアウトの画像を送って頂けましたら大変有難いです。御礼といたしまして、ささやかながら特別クーポンをプレゼントさせて頂きます。
画像の送信先は以下のアドレスとなります。どうぞよろしくお願い致します!
online@kanarusha.com
松原

新商品を追加しました【New Arrivals】

2018.2.2

可ナル舎より新商品のご紹介です。

今週は、ユニークな造形が興味をそそる対の狛犬像、モダンな空間を飾るオブジェにもなる薬研の受け皿、小ぶりながら迫力ある彫りの獅子頭、金具が特徴的な桐の小引出しを、古民具のカテゴリーでご紹介しています。

いずれの商品も可ナル舎店頭(東京都府中市白糸台1-26-4/10時-18時・定休無し)で直にご覧いただくことが出来ます。府中・調布・三鷹・小金井・国立方面へお越しの際は、ぜひ可ナル舎店舗にも足をお運びください。
※2月より全日通常営業となっております。

●商品一覧(古民具):http://kanarusha.com/online/curios-folkart.html
●実店舗アクセス:http://kanarusha.com/top.php

s1282.狛犬木彫(対)【 A PAIR OF KOMAINU WOOD CARVING 】

s1285.獅子頭 【 SHISHIGASHIRA 】

s1283.薬研受け皿(舟/大)【 YAGEN HERB CRUSHER WOOD PLATE 】

s1284.薬研受け皿(舟/小)【 YAGEN HERB CRUSHER WOOD PLATE 】

s1286.小引出し 【 SMALL CHEST OF DRAWERS 】