Archive for 5月, 2016

修理依頼の事~Part5~(納品編)

2016.5.28

連日様々に御紹介してきた修理。
修理依頼の事~Part1~(掃除編)
修理依頼の事~Part2~(格子戸・木工&塗装編)
修理依頼の事~Part3~(長持・木工編)
修理依頼の事~Part4~(木工修理・塗装編)

本日は納品編!!そして最終章。

格子戸の方は、出来上がり次第一足先に送り出し。
手のかかった家具達をトラックへ積み込みいざ納品へ。

前もって納品されていた格子戸は階段横の壁面にはめ込まれていました。


飛び出したままの横桟がかえって良い表情になっている気がします。
潜り戸のカラカラ具合もお客様にも喜んで頂けているようです

観音戸衣装は恐ろしい程にぴったりと

ロフトへ通じる階段の下へ。


この箪笥が収められる様設計されたとはいえ、納める時は冷汗ものでした。

そして長持もその為に作られたスペースへ



一見長持が上のガラス展示に喰われておりますが・・・それはつたない写真のせいで。。
実際は長持あってこその雰囲気。長持の上をこのような風にとイメージされた事に恐れいりました。

三丁抽はそっと和室へと

ただしこの和室は大きな窓から

富士山に夜は月が望めるそうで、眺望の良い畳の部屋には主張しすぎないこの箪笥が似合っていました。

設計段階から、それぞれ置き場所を考えられていただけに、あるべき場所にある様に納まり、その納まり具合は爽快でした。
お客様も仕上がりには大変よろこばれ、満足を頂けこちらも有難くうれしい納品となりました。

さて・・・・
実は、Part1御紹介した中に丸テーブルがあったのですが・・・・。
仕上がり後や納品時の写真がすっかり抜け落ちてしまいまして・・・・。ある意味一番よみがえった修理品なのですが・・・・・。
それは御客様のみぞ知る。ということで。

工房:伊東

修理依頼の事~Part4~(木工修理・塗装編)

2016.5.27

昨日は長持の修理を御紹介させて頂きました。(修理依頼の事~Part3~(長持・木工編))

本日は観音衣装の修理から御紹介。
こちらも総桐でして。。案の定・・・・・。






なかなかの具合な傷み。。。

天板を接ぎ直し、側板ももちろん対処し

抽斗前板も細かく接ぎ直し。

ただ接ぎ直している様ですが、取っ手の位置は変わらないよう接ぎ直すのでけっこう手間をかけています。
抽斗内部も

奥詰、組直し、先板の交換、底板はりかえ、などなど目白押しですが割愛、省略。。。

しれっと金具も手直し


その結果の姿が






まあ、盛大につぎ直しました。いかにも手を掛けた感満載です。
そしていつも思うのは・・・・新しく作った方が早くない?・・・という事。。。

三丁抽の方も

こんな調子に


大分説明を割愛させて頂きまして・・・・完了

そうした長持、観音衣装が塗りあがりますと・・・・



何という事でしょう。木工の苦労感を全く感じさせない仕上がり。素晴らしです!!
ただ、必死に出した自己ベストがあっさりと塗りかえられたような・・・妙な脱力感におそわれたの何故でしょう。。そして古材を使う意味って・・・
さておき、
ご要望通り2点の色味も揃いました。

黒く塗れば揃うだろう思えますが・・・・。実は赤黒い色味な上、ベースの色に違いがある中で合わせるのはなかなかどうしてな訳です・・・。
そして三丁抽も

塗りあがり完了。

いざ納品へ!!!

ですが、今日の御紹介はここまで。
納品のお話はまた後日に。

工房:伊東

修理依頼の事~Part3~(長持・木工編)

2016.5.26

今回は前回(修理依頼の事~Part2~(格子戸・木工&塗装編))に引き続き長持修理の御紹介。

総桐でして・・・・桐材の宿命と言うのか、桐材を使用した古い家具類はたいがい板の接ぎ目に虫喰いが出て接ぎ目が切れてしまい、尚且つ、接ぎ目部は凄い虫喰い跡が・・・。その部位を切り落とし、接ぎ直す必要が出てきます。
桐材のモノは加工こそ容易ですが、この接ぎ直し作業にしこたま時間が取られてしまうモノでもあるのです。
更に桐の古材となると厚み、風合い、長さの点でそれ程のストックもなく・・・使える材は最大限に使わざるをえず、どうしてもより細かい接ぎ直し作業が必要になります。

今回の修理依頼の内の総桐家具達に、ものの見事にそれにずっぽりはまったわけです。。

あらためて、長持修理を。
先ずは蓋部天板接ぎ直し。あまりに長尺なので古材の持ち合わせがなく新材を使用。
しっかり合釘入りにて

接ぎ直して

貼り直し

ちなみに天板は少し山なりカマボコ形状です。
蓋部他にもやっている事はありますが・・・割愛、省略。

身の方へ。





いやいや実に色々傷んでますので・・・・・・
ばらします。接ぎ直します。

組み立てます。


欠損した金具を作ります。

焼き付けて・・・・

取付ます。


そして御客様ご要望の内箱

がこの中に

すっぽりと


まるで開化堂の茶筒の様に「つつつ」と納めまして、蓋を取り付け

閉めて

木部修理は終了。

塗装やその他家具の修理の御紹介はまた後日に。

工房:伊東

修理依頼の事~Part2~(格子戸・木工&塗装編)

2016.5.25

昨日は掃除編を御紹介させて頂きました「修理依頼の事~Part1~(掃除編)」

さて、ここからは木工作業に移ります。
細かい作業も追うとキリもない上、写真自体もそれ程に取り揃える余裕もなかったので大雑把な感じですが・・・。

先ずは格子戸。
メインは潜り戸の開閉が現状困難な所を使用できる様にすること。
そんなわけで、すり減った戸溝を再生し、戸の鉄製車輪が乗る箇所にフラットバーを取付。
そのフラットバーを漆で焼き付ける事に妙にこだわり、地味に右手がかぶれその他にも諸々と作業はありましたが割愛。写真無し・・・。
そうした戸溝辺りの仕事の結果が



何故か裏からの写真のみで・・・・。

塗りあがりますと。


この色味も御客様の要望をくみつつ、一見単調に見えますがのっぺりとしない様に気を使って上げています。
この潜り戸は開閉の度に鉄の車輪がフラットバーを転がり小気味よくカラカラ言わすのが趣よい具合となりました。

次の修理の御紹介!!と行きたいところですが、長文となってしまいますので本日はここまで。
それではまた後日に。

工房:伊東

修理依頼の事~Part 1~(掃除編)

2016.5.24

暦では小満の候。
まだ5月の半ばを過ぎた頃だと言うのに全国では真夏日を向かえてしまった所があちこちと。
工房ブログはご無沙汰しておりました。
ここ2ヶ月程、ひたすら修理依頼の品々に追われておりました。

御客様としては2組なのでしたが・・・。点数が多いのと手のかかる物とのコラボレーションで・・・。
まあ、思うようには事は進まず、ここに手を掛けた以上こちらまで・・・と思えば・・・ここもかい!!ってな感じで、気は急くものの作業ペースはなかなかに、夜な夜な粛々と進めておりました。
今は無事に作業を終え、ほっこりと余韻に浸りたいところ。

そんな修理依頼の内、一組の御客様の修理を御紹介。
御預かりした品は以下の5点で、全て御先祖様から引き継ぎで蔵に眠っていたものを別荘に建てられるのを期に修理をお考えに。

蔵にはまっていた井桁格子戸。


当初は処分されるつもりだった丸テーブル。


三丁抽の衣装箪笥。

幅1800程の大きな長持。


そして総桐の観音扉衣装箪笥

まずはいっせいに掃除。

格子戸の網は外して。


ごしごしと洗浄

生乾きの姿。

丸テーブル。

三丁抽

長持

観音衣装


埃が払われスッキリしたと同時に割れやら虫喰い跡やら傷みがはっきりしてきます。

掃除作業が終わり、ここから木工作業に移りますが・・・・・。
御紹介するにはえらく長くなってしまうので今日はここまでとさせていただきます。

木工作業編はまた後日に。

工房:伊東

明日23日は臨時休業【23May Closed】とさせて頂きます。

2016.5.22


誠に勝手ながら明日23日を臨時休業とさせて頂きます。
24日から通常営業いたしますので皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。

可ナル舎スタッフ一同

五月の可ナル舎~Garden bazaar庭先蚤の市も開催中~

2016.5.15

天候に恵まれ府中の可ナル舎は今日も爽やかにスタート。
この土日に開催している庭先蚤の市も回を追うごとにパワーアップしています。


店内もお客様をお招きしつつ、レイアウト替えをしてパワーアップ中です。まだお見せ出来ませんので店内に飾った緑のものをご紹介。


こちらは庭の花ではありませんが五月といえば

菖蒲。
印判の蓋椀や盃洗など、菖蒲モチーフも出してみました。
梅雨前の清々しい季節。府中・調布エリアにお越しの際は是非お立ち寄りください。

**************
次回のGarden bazaar庭先蚤の市は
通常とは異なり来週の第三週末に行います。
こちらもお楽しみに!
**************

明日6日はお休み致します。Closed: 6th May

2016.5.5

こんばんは。長谷川です。
平和島骨董まつり、本日無事終了致しました。
初日からお客様に沢山お越しいただき、大感謝です!
普段は店舗にこもりがちな長谷川もほぼ初めて骨董祭で接客させて頂きました。

個人的には店舗ではお会いできないお客様や久しぶりにご挨拶できた方も多く、更に他の業者さんの店構えなども興味深くとても充実した骨董祭でした。

明日は骨董祭の片付けの為、お店をお休みにさせて頂きます。
7日からは通常通りの営業となりますのでゴールデンウィーク終盤に是非可ナル舎に遊びに致して下さいませ。お待ちしております。

平和島骨董祭

2016.5.3

Antique Fes
本日より平和島骨董祭が始まりました。
今回も250店舗以上出店している店の中で、可ナル舎ブースを少しご紹介。
antique fes

箪笥はもちろんですが、小物もいろいろ展示しております。
新入荷の物もたくさんあります。

小箪笥もいっぱい持っていっています。

明日4日、明後日5日と開催しておりますので、
ぜひ遊びに来て下さい。楽しいですよー。
************************
「平和島全国古民具骨董まつり」
開催場所:東京流通センタービル
開催日時:2016年5月3日(火)、4日(水)、5日(木)
     10時~17時(最終日は入場3時まで・4時閉場)
詳しくは下記ホームページをご覧下さいませ。
平和島骨董祭りホームページ
************************
【 HEIWAJIMA ANTIQUE FAIR 】
May. 3(Tue), 4(Wed), 5(Thu)

The oldest and most famous antique fair in Japan.
Over 280 dealers from all over the country.

KANARUSHA booth:A-44
【 Location and Access 】
2nd floor Heriwajima Ryutsu Center Building in front of the Ryutsu-Center station.
Ryutsu-Center station : 3rd stop on the Tokyo Monorail from JR Hamamatsu-cho station. (note: the express train doesn’t stop at this station.)
FREE ADMISSION
HEIWAJIMA ANTIQUE FAIR home page>>>
************************

それでは素敵な休日をお過ごしください。

井上将志