Archive for 2月, 2015

今年初の山形仕入。

2015.2.28

可ナル舎の木に鳩のカップルが・・・

始めは喧嘩でもしてるかの様な距離感でしたが・・・

気付くと寄り添ってました。
「ほら。ここは眺めが良いだろ?邪魔も入らないし。さっきはごめんな。」
「もう忘れたワ♪良い所に連れてきてくれてありがと♪」

そんな会話(勝手な想像)をしている鳩のカップルがやって来た土曜日の可ナル舎。なんだか見てるこっちが照れます。

やってきたと言えば、先日、可ナル舎に山形から箪笥や小物達がやって来ました。

今年初の山形仕入。
ワクワクしながら井上と共に箪笥と小物を迎えに行ってきました。
東北道をひた走り、高速を下り峠に向かうと・・・・。

辺り一面雪化粧。
道は綺麗に除雪されていましたが、横には雪の壁が。

峠をおりても・・・

真っ白な世界が広がっていました。

いまも真っ白な世界が広がっている山形からやって来た子達を少し御紹介致します。

白磁の片口。


山形の雪化粧の様に綺麗な白磁です。

二つ並ぶと可愛らしくてたまりません。

手焙り火鉢。

サイズも小さく可愛いらしい手焙り火鉢。暖かくなってきた今日この頃。「火鉢」と名のつくものの出番は少しづつ減っていく時期ですが・・・・。手焙り火鉢はこれからの時季にも活躍してくれるアイテム。
後ろに映っている手焙りのようにグリーンポットとしてもお使いになれます。

このような甕にも入れるのもお薦めです。

印判鉢

今まさにこの季節!!という感じの梅の図柄が全面に施された鉢。

こちらの商品はオンラインショップでも御紹介されています。>>>>こちら

そして

欅衣装箪笥、枕箪笥、硯箱等も山形からやって参りました。

他にも様々なモノがやって参りましたが、またの機会に御紹介させて頂きます。

WATANABE

更新致しました。

2015.2.27


オンラインショップ、本日更新致しました。
細密に描かれた蒔絵の花見重2点や春のモチーフの磁器の重箱。
作られた年代や持つ人の身分は違っても、春を待ち遠しく思い、楽しむ気持ちは変わらないのです。

この他、堆朱の文箱や蒔絵の小箱(化粧道具)等、見応えのある漆芸品も更新しております。
是非ご覧ください。
 
オンラインショップ漆芸品はこちらをご覧ください。>>

長谷川

明日更新!そして店内には…

2015.2.26

あいにくの雨ともあって、やや、どんよりとした
今日の府中でしたが、明日はまた晴れるようです。

明日はオンラインショップ更新日。
屋根に滴る雨音が響く2階で、
着々と撮影が進められています。

今回も是非、是非チェックして下さいね。

店舗の方の新着品も、日々ブログなどで紹介されていますが、
見渡せば、、以外にまだ紹介してないものもイロイロ。

今週末ご来店予定の方のためにも、目に付いた小物を
少しだけお見せ致しますね。

鎌倉彫の蓋付箱 ¥12,000
W/36.5 D/28.5 H/13.5cm

鎌倉彫の盆 ¥7,500
W/39.5 D/29.5cm

菓子入れ ¥4,000
Φ/18.5 H/9cm

蒔絵飯櫃
Φ/25 H/12cm

蒔絵段重(1段のみ)¥6,500
24×22.5cm
※少し浅目のものと2点分ございます。

蒔絵角盆 ¥4,500
27×27cm

蒔絵盆 ¥6,500
43×29.5cm

菓子皿 
角/ 13cm角 5客組¥6,500
丸/ Φ12cm 5客組¥6,000

このまま、まだまだ、続けたいところですが、
また後日のお楽しみに。
土曜日が晴れとの予報もあり、直接店に来られる方も
多くなるかもしれません。
気になるものがあった方は、早めのお問い合わせか、
御来店がおススメです!

それでは、金曜・週末も皆様の御来店を心からお待ちしております。

Yoshizumi

小物も乞うご期待!

2015.2.25

昨日のブログでも綴られているように、
工房側では平和島骨董祭への商品準備が着々と進められてます。

もちろん箪笥は、様々な新入荷品含めて目白押しなのですが、、、
小物もお見せしたいものがイロイロ。

ブースに置ききれないぐらい、あれも、これもと
毎回欲張ってしまいます。

生活骨董の品々も楽しみにしていて欲しいですが、
先日から、2階店内にも並び始めた、数々の江戸期の漆工芸品たち。

これらも乞うご期待のアイテムです。。。

細部まで繊細な仕事がされている品々、
是非、会場でも手に取って見ていただきたいもの。

中には、江戸期ならではの雰囲気のものも。

店舗のみの御紹介になるかもしれませんが、
状態の良い文箱なんかも入ってきています。


店舗へいらした際にも、是非直接手に取り、
この時代の日本の工芸力をじっくり見て下さいね。

さらにトピックスが、
急遽、明日は恒例の山形への仕入との情報が。
平和島の可ナル舎ブースにどんな物がお目見えするかは
当日まで、お・た・の・し・み。です。

Yoshizumi

準備開始!!

2015.2.24

可ナル舎の花達は綺麗に咲きだしました。



御内裏様と御雛様が二人並んで花を楽しんでいます。

気付けば2月も今週で終わりなんですね。。月日が経つのはアッと言うまです。

3月になればブログで御紹介させて頂いた「平和島骨董祭り」が始まります。年内一発目!!と言う事で気合が入っています。準備も始めております!!

自分も作業着に着替えて修理作業にはいっています。掃除が終わった持って行く予定の箪笥と蔵戸を御紹介致します。

相馬箪笥

鍔金具箪笥

欅帳場箪笥

蔵戸

掃除しながら、どのアイテムも魅力が詰まっています。まだ掃除段階なので魅力が見え隠れしていますが・・・・。仕上がるのが楽しみでしょうがないアイテムばかりです。「平和島骨董祭り」が来る前に仕上がりを御紹介するかどうか悩み中です。

来てからのお楽しみにするか、その前にお披露目するか・・・・。自分は我慢しきれず後者になりそうですが。

着々と店舗併設の工房では準備が始まっております。今週の可ナル舎は「トンカントンカン」といいリズムが聞こえております。

WATANABE

もうすぐ、桃の節句と平和島骨董祭。

2015.2.23

昨日の日曜も天候が不安定な中、たくさんの方に
御来店いただき、気付けば今月も残すところ1週間!。。
時の早さに焦る一方です。。

今月もカップルから家族連れ、日本の方から外国の方まで、
様々な方に「モノ」との出逢いをお手伝いさせていただいてます。
まだ、冷え込み厳しい中での皆様の御来店、本当にありがとうございます。

こちらは、子供部屋用の箪笥を探されて来店し、
小ぶりにリメイクされた階段箪笥を選ばれた御家族。

子供たちが階段箪笥に腰掛けて本を読んだりするのに良さそうと、
お子さんもご両親もご満悦です。

そして、連日ブログでも紹介されてますが、店内には新入荷の小物が
ぞくぞくと入ってきています。

先日から御雛様もお目見え。桃の節句も、もうすぐですね。


  
そして、桃の節句過ぎた3月6日から、
いよいよ今年最初の「平和島骨董祭り」が開催。

是非、お誘い合わせの上ご来場下さいませ。

開催場所:東京流通センタービル
開催日時:2015年3月6日(金)、7日(土)、8日(日)
     10時~17時(最終日は入場3時まで・4時閉場)
詳しくは下記ホームページをご覧下さいませ。
平和島骨董祭りホームページ

全国から250以上の店が集まり、その品数は
隅から隅までじっくり見ていると、1日では見切れない程。
20代からの若い方も増えており、気軽に見れる室内骨董市ですので、
まだ行かれていない方も、是非一度、趣味の合うお友達やご家族を誘って
行かれてみて下さい。

可ナル舎も選りすぐりの箪笥や小物をたくさん準備している最中です。
その時その場だけの一点物との出会いをどうぞお楽しみに。

Yoshizumi

新入荷2。

2015.2.22

今日は雲がひろがり肌寒いですが、
可ナル舎の桃は咲き始めました。

本日のブログは昨日に引き続き、入荷品の御紹介。

こちらはデッドストックででてきた盃


今の時期、熱燗、ぬる燗楽しんでください。
こちらも酒器にいかがですか、小ぶりの向付

こちらはのぞき

そして徳利

以前紹介した、印判徳利はオンラインショップにも掲載されています。

上手なます皿二客。

桜の瀬戸段重

オンラインショップには段重もあります。
桜つながりで、織部焼五客

かわいい電気スタンド

その他にもガラス物なども入荷しております。


本日御紹介したものは、今日より可ナル舎店舗にディスプレイいたしますので
ぜひ遊びに来てください。
それでは皆様、良い日曜日をお過ごし下さい。

井上将志

新入荷。

2015.2.21

先日仕入れに行ってきました。
本日はその仕入品の中で、箪笥・建具等を
御紹介致します。

こちらは前面欅の相馬衣装箪笥。

欅の杢目が美しく

厚みのある金具に、丁寧にたがねで仕事をされています。
オンラインショップ相馬箪笥はこちら。

こちらは仙台姫箪笥

仙台箪笥の中で珍しく、上段の抽斗が二杯になっているのが姫箪笥。
こちらも前欅で仕上がりが楽しみな一棹。
この他の仙台箪笥はオンラインショップにも。

欅二本松衣装箪笥

二本松箪笥の中では小ぶりの一棹。
金具も可愛く、三日月に蝶。

背の低めな四尺水屋箪笥

この他の水屋箪笥はオンラインショップにも。

前欅の衣装箪笥
幅三尺で使い勝手が良く、スタンドを付けてもかっこよくなる一棹

こちらもスタンドをはかせてテレビ台などにも使える庄内箪笥

オンラインショップのスタンド付箪笥はこちら。

銭箱 今回も仕入れる事ができました。

蓋には墨書きが。

オンラインショップ、このほかの銭箱はこちら。

総欅格子蔵戸

仕上がればかなり迫力の出る一枚です。
オンラインショップ、この他の蔵戸。

最後に人気の種壷

傘立てにはちょうど良い高さ45cm程。

その他小物も仕入れておりますので、
また御紹介させて頂きます。

可ナル舎店舗に来て頂けたら、仕入れたばかりの物も御紹介出来ますので、
是非週末、遊びに来てください。

それでは皆様、素敵な週末をお過ごし下さい。

井上将志

更新致しました!

2015.2.21


オンラインショップ、本日更新致しました。
先日ブログでご紹介した縦横桟が印象的な帳場箪笥や

帳場箪笥の詳細はこちら>>
スタンド付き箪笥。上段、下段と別売りになりますが、
2台横並びにするとこの様なすっきりとしたインテリアに。

ガラスのテーブルトップをあしらえばテレビ台にも。
スタンド付き衣装箪笥、詳しくはこちらから>>

一見、何の変哲もない菓子器ですが、見れば見る程に物の魅力、工芸力に見入ってしまうこちらの一品。
相当な樹齢が無ければあらわれない玉杢のと呼ばれる杢目。ぼこぼことした凹凸があるこぶ状の部分の木材で作られています。この様に込み入った杢目ほど加工が難しいのですが、それをくり抜き、これほどまでに簡潔な美しい形に仕上げるとは・・・
乾燥によるひびなどはございますが、大事に使い続けて頂きたい菓子器です。
玉杢内黒菓子器、詳しくはこちらから>>>

この他、新コーナー「可ナル舎歳時記」でご紹介中の漆器や徳利なども更新致しました。
是非ご覧くださいませ。
↓可ナル舎歳時記はこちらから。季節の言葉を切り取り、「もの」や「こと」のご提案をして参ります。

長谷川

「直して、つなぐ。」

2015.2.18

雨と寒気で外出が厳しく感じる最中、
本日ある御客様が一棹の小箪笥を持ち込まれました。

修理出来るかしら!?修理して使う価値あるかしら!?
の御相談だったのですが、

見てみると、

こんな具合で、黒塗の塗装がだいぶ剥がれてる状態。

御客様もお金をかけて直す程のものなのだろうか!?と
判断に迷われてる御様子。

しかし、時代も古く、作りも良い、割れてるところもない。。

手離すのは簡単。、、でも、、、
「是非、甦らせましょう。そして、
御実家で使われていたものを、また大事に繋いでいきましょう!」
と勧め、お預かりさせて頂きました。

どう生まれ変わるのか、今から自分たちも仕上がりが楽しみです。

こんな感じに、工房には様々な御依頼が入ります。

例えば、、今、工房に建てかかってるのが、
一枚の仕上がった蔵戸。

実は、元々はこんな状態でした。

「新居の玄関戸に使いたい」とのご要望から、
外風に触れても大丈夫な塗装を施し、

木の縮みによる、こんな隙間も、

しっかり埋め木されました。

これから、格子部分に強化ガラスも入る予定ですが、
玄関に設置される時期まで待機中です。

 
こちらは、年初めに修理依頼でお預かりした2棹の衣装箪笥。


画像で伝えられないのが残念ですが、
引き出しも可動しなかったり、中の仕切り板が外れていたりと、
不具合の多い箪笥でした。

少し錆びれた雰囲気もありましたが、

細部まで、じっくり調整され、
引き出しをピタリと納め、色艶が整えられると、、

側板も、だいぶ色剥げしていたのですが、

2棹とも少し濃いめに着色され、
引き締まった姿に変わりました。

そしてつい先日から、御夫妻と小さなお子さんの寝室に。

御夫妻のご両親が使われていた箪笥のようですが、
お子さんが大きくなり、3代に渡って受け継いでいってほしいものです。

 
家具を買い替える、手離す、処分する、、の多い世の中で、
こうして、昔の家具を「直して、つなぐ」ことへの御相談と
御依頼の皆様に感謝です。

Yoshizumi