Archive for 8月, 2014

ゴール。そして新たなるスタート~桐箪笥修理~

2014.8.31

今、可ナル舎は屋根の塗り替え工事が始まっています。

養生が掛っていたり作業していたりしますが、いつもと変わらず可ナル舎は元気に営業致しております。

さて、昨日の出来事を紹介させて頂きます。
O様御夫妻から御依頼を受けていた「桐箪笥修理」

今までの流れはこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
6月28日「想い」
スタート。~桐箪笥修理~
中間地点。~桐箪笥修理~

いよいよ納品の日となりました。
全力で取り組ませて頂いた「桐箪笥修理」自信を持って納品に行きましたが・・・・。御客様の反応を見るまでは安心出来ないと言うのが本音です。

ナビでよくある「目的地付近に到着しました。案内を終了します。」
え~、まだ目的地らしき建物は見えてないのに・・・・。付近じゃなく、目的地に案内して欲しいのに。。。なんとかならいですかね。。ナビの「放り投げ」
O様御夫妻に連絡を取り、目的地付近からナビをして頂き無事に到着。

わざわざ外にまで出てきて頂きました。(O様助かりました。)

トラックから荷物を降ろし、O様御夫妻と桐箪笥の再会。

感謝の御言葉と喜びの御言葉を沢山頂戴しました。


ここには頂戴した言葉は載せません。この2枚の写真の素敵な御二人の笑顔が語ってくれていますから。

納品に行った自分も伊東も一安心。
可ナル舎としての「想いを繋ぐ」作業は昨日でゴールを迎えましたが、O様御夫妻にとっては「想いを繋ぐ」スタート。
笑顔でスタートを迎えて頂けてホッとしております。O様、不具合等が出たりしましたらすぐに御連絡下さいませ。「想いを繋ぐ」事へのサポートをさせて頂きます。

渡部

今週の更新!

2014.8.29

店内レジから見える風景。

近づいてみます。

も少しだけ近づいてみます。

今にも動き出しそうなほど躍動感がある獅子の香炉です。

そして2Fに展示されている指樽(対)。

細かい部分も丁寧に作られています。

きっちりと収納できる台も現存しております。

上記二点以外にも、数点更新しております。
獅子香炉、指樽の詳しい写真もご覧いただけます。<<オンラインショップはこちらから>>

8月28日:可ナル舎より ~鍵作成、電傘~

2014.8.28

「出来れば鍵を見繕ってくれると嬉しいです。でも・・・無ければ無いで構わないので。」

御客様から、御購入の際に受けた御要望です。
鍵のタイプは分銅。

正直な所・・・「難しい御要望」しかし、少しでも可能性があるならなんとかするのが可ナル舎!!

自分が可ナル舎で働き出すず~~っと前からコツコツと集められてきた鍵をひっくり返して、なんとかなりそうな鍵を探す。

ようやくこの山から発見。

差し込む事は出来るか、回して少しでも鍵が動くかを確認。
差し込むことは・・・・・出来る。
鍵が動いてくれるか・・・・動く。

しかし、引っ掛かりがあまい為、ストッパーが上がりきらず。勿論下がりきらず。

ここから3種の神器を使って調整。

金床、金槌、ヤスリ。

キーンキーンと叩いては差して確認してを何度も繰り返す。

少しづつ鍵の突起部を大きくしていきます。叩き過ぎてもダメ。叩かな過ぎてもダメ。確認しながらの作業。

そして出来上がった鍵がこちら。

下の鍵が叩く前の状態です。

叩いてこれだけ大きくしました。

叩いた際に出てきた余分な部分をヤスリで削って完成です。

御客様の御要望に応えられて一安心です。

さて、お店はと言いますと・・・。
電傘を少し掛け替えてみました。

以前から掛かっている電傘もご紹介。


店頭で掛けて御見せする電傘は、趣きがある物をと意識してお見せしております。

電傘の柔らかい光はこれからの時期にはマッチしてくるのではと思っております。

可愛らしい電傘も見て頂ける様に数点ですが店頭に並べてあります。

営業部:渡部

倉庫のこと

2014.8.25

工房の伊東です。

夏の高校野球も残すは決勝のみ
夏の終わりも近づいています。
暦の上では立秋も過ぎ、秋という言葉も観えたころですが、
とはいえ残暑のころでもあるので、いまだ少なからず暑さは続きそうです。

さて工房。本日は気分を変えて倉庫の話。

可ナル舎の一番の品揃えといえば、やはり時代箪笥。
都内でも指折りの店舗スペースと在庫量とは思いますが、
その在庫の全てが店頭に並べてあるかといえば、
もちろんそんな訳でもなく、都内某所に倉庫を借りて、
在庫しているわけです。
ただ箪笥なだけにコンパクトに収納というわけにわいかず、
こんな具合。

積んで並べてこんな具合。

ひしめいてます。

とまぁ。限られたスペースをこれでもかと消しながらの
倉庫活用にございます。

と、これだけ在庫がありながら、どうして品薄な系統の箪笥があったり、
と、その横で「どんだけおんねん」と同じ顔して並んだ箪笥があったり。

店舗はすっきりきれいに。
倉庫はがっちりきっちり。
そのやりくりも、いやいやなかなか頭の体操。

そんな倉庫の話

夏特集ページ内、最大40%OFF!!

2014.8.21


今年の夏の特集ページ、ご覧頂けましたか?
涼しげなモチーフの器や日差しを遮る御簾、メダカも飼える瀬戸火鉢…更に木陰や避暑地のセカンドハウスに似合う家具などをピックアップしてご紹介しております。

それらのアイテム数十点をオンラインショップ限定で大特価に。
なんと最大40%OFF!! 8/31まで開催いたします。
もちろんオールシーズン使える商品も多数ございますので是非一度ご覧くださいませ。

特集:夏のひと涼み 全品大特価~8/31 http://kanarusha.com/online/feature-summer.html

日陰でひと涼み

2014.8.19

ここ2.3日、風が涼しくなって秋の気配を感じておりましたが
今日の日差しの強い事!また真夏に逆戻りした一日でした。
こんな日は日陰で涼んでいたいものですね。

先日、この時期の夕涼みにぴったりなロッキングチェアーを
夏の特集ページにアップ致しました。ご覧頂けましたか?

身長154cmの私が座るとかなりゆったり出来て、

173cmの井上でもこんな感じにくつろげます。

この他、可愛い椅子や涼やかな器なども更新しておりますので是非チェックしてみて下さい。

特集:夏のひと涼み http://kanarusha.com/online/feature-summer.html

更に、今週中には、このページ内がお得に・・・
それはまた次回お知らせいたしますね。

では。

長谷川

矢立やとんこつ腰差し煙草入れ等入荷しました。

2014.8.14

最近、こんな物たちが入荷してきました。桐箱に収められた珍しい品も。

今週末のオンラインショップ更新時にアップ予定ですが
一足先にブログでちょっとだけご紹介いたします。

こちらは“とんこつ腰差し煙草入れ”

とんこつ???と思われた方もいらっしゃるかと思いますが
骨董通の方はご存知ですね。
“とんこつ煙草入れ” は木や貝、牙や角などの硬質な素材で作られた煙草入れ。

もちろん腰差し部分の中にはキセルも入っています。
帯に差して携帯していたオシャレと実用を兼ねた提げ物。粋ですね。

つづいて気になる桐箱の品をご紹介。

箱の中から・・・

出てきたのは脇差(短刀)、ではなく

なんと矢立でした。
ちなみにこの紙切りを抜かないと開きません。

矢立は筆と墨壷が収まった便利な携帯用の筆記道具。
一番上の画像の桐箱の前にあるような細く金属製の物が多いのですが
こんな朱塗の矢立は珍しい。遊び心を感じますね。
しかも大きな傷も無く綺麗な状態。

今週の更新も土曜日になりますので暫しお待ちくださいませ。
気になる方は店頭にございますので是非ご来店ください。
お問合せもお待ちしております。
では。

長谷川

欄間加工のこと

2014.8.12

まだまだ暑い盛り
8月も6日、9日と過ぎて
風化していく記憶に妙に危機感もって
原民喜を読み返してみたり。
立秋過ぎてあらっと空を見れば秋らしい砂雲
と思えば、いかにも夏な入道雲の日が来たりのこのごろ。

さて工房
本日は欄間の加工でも

先ずはこちらの欄間
お客様宅に合わせる為に加工します。

向きは縦向きに撮ってますが
こちらの幅を詰める作業です。

大まかにざっくり切りまして

しっかり接着されていますので丁寧に
使用する框を解体します。

この様なホゾ加工がされています。

元の穴に合わせて墨付け

毛引きや白柿を使ってきっちりと

で、加工したホゾのオスがこちら


そして組み直し


余分な部分を切り落とし

こんな具合の詰め方でした。
当初、元の形のまま詰めるという案もありましたが
今回はこんな仕様で

組子の間隔が両方違うので、組子の形がくずれない様に
詰めると少し長さに違いがありますが
これにて完了。

中間地点  ~桐箪笥修理~

2014.8.9

可ナル舎の周りは、蝉が合唱しております。夏の暑さに負けない力強さです。自分も負けてられないなと蝉の合唱を聞いております。

前回ご紹介した桐箪笥修理の続きをご紹介致します。{前回のブログはこちら>>スタート>>}

掃除作業の次は木工作業となります。
次の担い手のO様御夫妻が長く使用して頂ける様に、不具合のある箇所の修理です。

担当は「伊東」。

傷んでいる部分を交換するた為の材料の選定をしております。

そして加工。

伊東は繊細な作業が得意です。


少し白く見える所が継ぎ足した箇所です。割れて欠損していて、背板がとめられない状態でしたので作り替えました。

虫食いがひどく、握り潰せてしまいそうになってしまっていた畳擦りの作り替え。


不要になった袴(箪笥の一番下にあった台の部分)を材料として再利用させて頂きました。不要になった物も無駄にはせず、これから使って行くための「材料」にすることで、今まで使われてきた「想い」の継承に繋がるのかなと自分は思っております。

引き出しの可動の不具合を直して、木工作業は完了です。

あとは仕上げて、御客様のもとに桐箪笥をお渡ししたら「想い」を繋ぐ工程も完了致します。

・・・実は既に箪笥は仕上がっているのですがここでのご紹介は控えさせて頂きます。O様御夫妻に楽しみにしておいて頂きたいので。

納品後に御紹介させて頂こうと思いますので暫しお待ち下さいませ。

渡部

今週の更新は土曜日です!

2014.8.7

今週の更新は蒔絵の段重やスタンド付き箪笥×4、蹲(つくばい)や染付の器などなど、人気のアイテムと涼やかな品々を揃えました。
毎週金曜日に更新しておりますが、今週は土曜日の更新となります。少々お待たせいたしますがどうぞお楽しみに。

長谷川