Archive for 8月, 2012

和箪笥、新?入荷

2012.8.30

最高気温34℃。この暑さの中、トラックに揺られ都内某所の
可ナル舎倉庫に行ってまいりました。

こちらは、お客様のお預かりの品や
仕訳が済んでいない物等を保管している関係で
お客様にお見せすることは出来ない秘密の倉庫です。

実はこちらにも修理を待つ時代箪笥や家具が
数多く控えています。

本日はその中から4点選んで
可ナル舎に持って帰って参りました。

正確に言うと新入荷品ではないのですが、
近日修理に掛り、仕上がり次第
店頭やオンラインショップに並びます。

修理の様子も折を見てお伝えしますので
どうぞお楽しみに。

長谷川

スタンド箪笥

2012.8.28

「スタンド箪笥」

皆様には耳慣れない名称ですね。
十数年前から社内でそう呼ばれている商品です。

重ねの衣装箪笥を一段づつにして鉄の脚をはかせた箪笥。
可ナル舎提案、ロングセラー商品の一つです。
オンラインショップで紹介中

こうしてお使いになることで
重厚な時代箪笥がその魅力を保ったまま
現代のライフスタイルに合わせやすくなるのではと考えだされました。

お客様の中には和箪笥は畳の部屋じゃないと・・
とお考えの方も多いのですが

鉄の脚をはかせただけでフローリングのお部屋にも
スマートにレイアウトできます。

和箪笥を暮らしに取り入れたいとお探しの方、
このような箪笥もお部屋のイメージに
組み込まれてはいかがでしょうか?


↑オンラインショップで紹介中です。

長谷川

水屋箪笥と衣装箪笥のお届け。

2012.8.20

こんにちは、店舗営業の吉積です。
相変わらずの暑さが続いていますね。汗)

先日、和箪笥を初めて購入された2組のお客様宅へ
修理を担当した伊東とで直接お届けに行ってまいりました。
1件目のN様宅には一間水屋箪笥のお届けでしたが、マンション一室の
リビングダイニングスペースの顔となって納まりよく置かれました。
今回の写真は、水屋箪笥をご検討中の方にはイメージのつきやすい
良き見本になるかもしれません。

まっさらな白壁に、リフォームして貼ったジュートのフロアマット、
そして白木の家具とのコントラストによって、100年程経た和箪笥が
モダンに映えて見えます。
実は・・ここに一つのインテリアのポイントがあります!

日頃、接客していて箪笥探しのご相談にのっていますと、他の家具や床の色と
同系色の箪笥で探されようとするお客様も多いのですが、
今回のN様宅のように色のコントラストがあった方がメリハリある空間ができ、
家具が生きてきたりもします。
うちは白木の家具が多いから・・・・、うちは和室じゃないから・・・というのは
気にすることでもないというのが分かる見本ですよね。

 

2件目は、ブラジル人ご夫妻のお宅へ米沢の衣装箪笥のお届けです。
可ナル舎が毎回出展してます平和島骨董祭で、初めて見た和箪笥に
一目惚れ!!という感じだったそうです。
いろんな国に海外赴任が多いようですが、いつかはブラジルに持ち行って
ご家族やご友人に自慢するんだと、ご満足の記念写真を取らせて頂きました。
H様ご夫妻、素敵なスマイルありがとうございました!!

箪笥好き。

2012.8.19

可ナル舎とその前身の灯屋ワークショップ時代から勤務し
一番の古株となってしまった長谷川です。

昨日の閉店後、オンラインショップ用の箪笥画像を撮影中に
ふと思いました。
「…どうやら、私はかなり箪笥が好きらしい。」

13年前、家具の職業訓練校の卒業を控え
就職先を探していた時にたまたま通りがかった灯屋で
明治期の和箪笥に出会いました。

その時からずっと和箪笥に魅かれていたのですが、
昨晩の撮影中に時代箪笥の魅力(力強さや気品、作られた時代背景…等々、言葉にするのが難しいのですが)
を改めて実感してしまいました。
「箪笥が好き。」

疲れのせいでしょうか。いやいや、
そう思わせるだけ今回撮った箪笥は上質だったんです。

欅車箪笥↓

仙台箪笥↓

この思い?がオンラインショップで皆様に上手く伝われば良いのですが。
ご来店可能な方は是非実物をご覧ください。
詳しくはオンラインショップへ
店舗案内はこちらへ

夏SALE、後半戦~8/31。

2012.8.17

お盆が過ぎ、お仕事はじめの方も多いのではないでしょうか。

可ナル舎店舗では本日より夏セール、後半戦が始まりました。

 

 

皆さまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

勿論、オンラインショップも引続きセール会場にてご奉仕中です。

【オンラインショップ】100点を超える対象商品をオンラインショップ限定価格にてご奉仕!会員特典クーポンをご利用頂くとさらにお得!!
→セール会場

【店舗】ガラスや陶磁器等の器類を全品20%OFF。その他商品も特別価格にて多数ご用意しております。
→店舗案内

※開催期間:2012年8月31日まで

夏季休業

2012.8.12

可ナル舎、夏のセール
にご来店して頂いた、多くのお客様、
誠にありがとうございます。

セール前半が今日で終了し、
明日8月13日から16日まで
誠に勝手ながら夏季休業とさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月17日より31日まで
まだまだ、残暑お値打ち申し上げますので、
ご来店お待ちしております。

皆様、暑さがまだまだ厳しいので、
お体ご自愛ください。

そして素敵な夏をお過ごしください。

井上将志

最後は砥石

2012.8.8

大工道具、大好き。工房の江藤です。

仕事で毎日使う大工道具。手や指と、加工する
材料の間に入りますので、やかましく吟味し、
細かく調整します。
特に切削工具を研ぐ事は、大事なことです。
切れなくなった刃物を使い続けると、思った
通りの加工ができなくなりますし、ケガのもと
にもなってしまいます。

今回は、江藤が可ナル舎に入社したとき、親方
に頂いた石堂輝秀の鉋を研いでみます。

 

 

 

 

 

 

 

古い材料を削るので、砂やクギがあったりして、
刃がボロボロ

 

 

 

 

 

 

 

江藤が使う砥石は4種類です。左から
中砥の面を直す#300のダイヤモンド砥石、
切刃を砥ぐ中砥ベスター#1000、
裏を砥ぐ、その名も『砥太郎』#1000、
そして仕上げに使う天然の合せ砥石。
この合砥石がとても重要です。天然の物ですので
1つ1つ違い、同じ物はありません。

 

 

 

 

 

 

 

中砥で、刃こぼれが無くなるまでおろします。

 

 

 

 

 

 

切刃が平らに砥げれば、合せ砥石にあてたとき、
刃が砥石にくっつきます。

 

 

 

 

 

 

砥ぎあがりです。よい刃物でも、よい砥石で
砥がなければ、能力を発揮できません。
『よい砥石を見つけるのも、ウデノウチ』とは、
よくいったものです。

修理依頼品(車箪笥)

2012.8.6

修理木工担当の伊東です。

夏の最中、
毎年ながら大汗の絶えない作業場から
本日は修理依頼品の修理過程をお伝えします。

↓こちらの車箪笥は車輪がすべて欠損した状態でした。

↓依頼主からは、木部について車輪の新規取り付けと、
雲型の一部欠けの補修を受けました。

↓雲型の欠けは似たような雰囲気の材にて補修。

↓車輪は新しく作り直し、今回は火あぶりで
こんがりとした焼き色を付けて雰囲気作り。

通常の向きにすると目立つ事もなく完了。

欅帳場箪笥のお届け

2012.8.2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月1日に、新築されたお客様宅へ
欅帳場箪笥を納品させて頂きました。
重ねの箪笥なので、上段を和室に
下段をリビングにと使われています。

背の高い重ねの箪笥の場合、上下段とも
天板が丈夫に作られていない場合があります。
今回は分けて使われるという事だったので、
天板の上に古材で制作した板を載せる
ご提案をさせて頂きました。

安心して箪笥の上に物を乗せたい場合には、
このような方法もおススメです。

 

 

 

 

 

 

 

新築の空間の中でも、この時代箪笥がしっくりと
納まっていました。
これから他の家具や小物がレイアウトされて
行くのが楽しみです。

ちなみに、リビングの左側のレコード棚も、以前
可ナル舎でご購入頂いたものです。

I 様、この度は可ナル舎で箪笥をご購入して頂き、
誠にありがとうございました。
今後とも何かご入用の物がございましたら
お気軽にお声掛け下さいませ。

井上将志