Archive for 7月, 2012

焼物の器、大量入荷です!

2012.7.31

ご覧下さい。焼物の器、大量入荷です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は山形からの仕入れです。
可ナル舎では、年に数回、山形で蔵出しされたものなどを
仕入れてきています。
これも山形の箪笥などを商売にずっとやってきての、
昔からのお付き合いがあるから出来ることでもあります。
山形からは東京の市場では目にしにくい変わり種が
入ってくることも多いため、スタッフも毎回楽しみな仕入なんです。
今回は特に、カワイイ!カッコイイ!が目白押しです!

すぐにでも、ずらりと店に陳列していきたいところでもあるんですが、
器類はまずは洗浄・洗い作業から始まるんです。
これが以外に大変!ですが、やっぱり商品を良く見せたいですし、
綺麗な状態でお客様に手渡すための大事な下準備です。
その後、欠品や玉数をチェックし、値段をつけて店出しすることが出来ます。
入荷してすぐに出せる工業製品とは違う、骨董店ならではの
裏作業が実はいろいろあるんです。
そんな裏側も、別の機会でまた何か記事にできたらなと思います。

ということで、今まさに、1日・1時間でも早く店に出せるように
準備しているところです。気になる方はお楽しみに。
また今回は、まとまった玉数で入ってきているものも多いので、
飲食店をやられている方なんかにはオススメですよ~。

オンラインショップにも続々アップ準備中です!

ヨシヅミ

和箪笥のあるサロン

2012.7.30

学生さんの夏休みが始まり、花火もあちこちで打ち上げられ、
浴衣姿の女性もちらほら目にし、2012年の夏がやってきました。
また、働いてる方ももうすぐ盆休みという方は多いのではないでしょうか?

中には忙しくて、旅行や帰省の余裕はないという方も多いでしょう。
そんな方々には、やっぱり可ナル舎で夏のお買い物!
・・・・・・・・・も確かにオススメなんですが、
今回は疲れた体を癒す、アロマトリートメントの自宅サロンのご紹介です。

埼玉県上尾市にあります「アロマトリートメントサロン Ponte(ポンテ)」
数々の協会認定を持つプロの手による、アロマテラピートリートメントと整体を
受けられる女性専用自宅サロンです。

こちらのサロンには、可ナル舎が納めた家具が点在しています。
そんなインテリアの顔として衣装箪笥も置かれており、
ちょうど先日、金具部分の補修にも出張してきました。

Ponte様、素敵に飾っていただき、ありがとうございます。
これからもお客様を迎える家具として、長く愛用していただけると幸いです。

皆様、機会がありましたら是非ご予約下さいませ。
【アロマトリートメントサロン Ponte(ポンテ)】
HP→http://www.ponte2011.com/



それでは、明日もまた熱中症には注意していきましょう。

ヨシヅミ

可ナル舎の修理  水屋箪笥編 その2

2012.7.26

前回「可ナル舎の修理 水屋箪笥編その1」を掲載してからお時間がたってしましました。
今回は、その2。

箪笥の修理をするに当たってはお客様のご要望をお聞きすることを一番と考えております。
今回はお客様のご要望で傷んでいる枠の取り替えから、木割れやネズミの開けた穴の直しはもちろん、オリジナルに近い風合いに調色まで、一通りの修理をさせて頂きました。

先ずは木部の修理


板部に開いた穴や割れ、少し解りづらいですが、背面の枠(上下段とも)は虫に喰われて部分的に崩れて傷んでおります。抽斗も、内部のストッパーやレールが外れ出っ張ったり引っ込み過ぎたり・・・

枠や板を変える場合、一度分解し、新たなパーツを作って組み立てなおします。


抽斗の傷みや調整もこの時に修理します。白木になっている部分が新たに作り直したパーツです。

その3へ続く・・・

欅の和箪笥と長火鉢のお届け

2012.7.26

先日、築100年以上はあるという古民家をリフォームされたお客様宅に欅の時代箪笥と長火鉢の納品をさせて頂きました。

梁や柱を生かしつつも居住空間はフローリングに変えるなど、
住みやすさと古民家の良さを兼ね備えた
理想的なお住まいとなっています。

その空間に合わせ、建物と同時代に作られた箪笥と
同じ欅の作りの長火鉢を
インテリアコディネーターの方も交えてお選びいただきました。

米沢の時代箪笥は梁や柱と色味が合い、バランスよく配置され、
長火鉢は若干明るい色味だったのですが、それらと合う様に調色をし、
ガラスのテーブルトップをあつらえてソファーテーブルとしてお納めいたしました。

7/20~7/22 平和島骨董祭でクールシェア!

2012.7.19

東京は梅雨が明けてから猛暑続き。
天気は良くても炎天下は厳しいですね。

今年の環境省が提唱している「クールシェア」、
自宅の冷房を使わずに公共の施設で涼んで節電を・・・というものです。

明日から開催される平和島の骨董祭でクールシェアなんていかがでしょうか。
東京モノレールの「流通センター駅」目の前の流通センタービル内で開催される骨董祭、
280以上の骨董業者が出店し、一日いても飽きない大イベントです。
『平和島 全国古民具骨董まつり』
可ナル舎も入場口から見て右奥のA-44番ブースに出店していますので、
お気に入りの物がありましたらスタッフにお気軽にお声掛け下さい。

なんといっても「骨董まつり」ですので、
出来るだけご来場頂いた皆様に喜んで頂けるよう、
本店灯屋の商品も取り混ぜ盛り沢山の商品をご用意しております。

オンラインショップで最近人気の小箪笥や小抽斗、氷コップ等のガラス物も出品していますよ。
ほんの一部ご紹介
↓ガラス商品↓

↓小箪笥類↓

皆様のご来場心よりお待ちしております。

※店舗やオンラインショップで気になっていた商品のある方、どうしてもご来場になれない方はご連絡頂ければお取り置きいたしますので
どうぞお気軽にお問い合わせください。
東京府中市の可ナル舎店舗は通常通り営業しております。

可ナル舎オンラインショップお問合せ
e-mail: online@kanarusha.com
Tel: 042-310-9305

もうすぐ平和島骨董祭。半分の箪笥をご紹介。

2012.7.16

年に5回ある平和島骨董祭。正確には
『平和島 全国古民具骨董まつり』
7/20~7/22 平和島流通センターにて

可ナル舎は今回も帳場箪笥、水屋箪笥、階段箪笥、小箪笥‥などの時代箪笥を約20棹、古伊万里やガラス、その他古民具を多数引き連れて参加します。

当日の会場ではオンラインショップに載せている商品も特別価格?!になってしまうかも。
お近くにお越しの際、いやいや、こちらを目掛けて是非お越しください。

ところで、上下重なっている時代箪笥を半分だけ欲しい…と思われたことはないでしょうか。
今回の骨董祭には、半分の箪笥(通称:半箪笥)も持っていきますよ。
四尺衣装箪笥の半箪笥(鉄脚付)

只今修理追い上げ中!
一間水屋箪笥の下段のみ

その他、選りすぐりの箪笥を盛り沢山で挑みますのでどうぞお楽しみに。
『平和島 全国古民具骨董まつり』

※東京府中市の可ナル舎は骨董祭の期間も通常営業しております。

可ナル舎の修理  水屋箪笥編 その1

2012.7.10

可ナル舎のもう一つの顔、修理工房。
お客様にお買い上げ頂く箪笥はもちろん、修理のみのご依頼も承っております。

今回ご紹介するのはK様よりお預かりした水屋箪笥。
だいぶ前からお持ちだった様ですが
この度ご新居に移られるにあたって修理を決められました。

昨年可ナル舎でも時代箪笥をご購入頂いておりましたので
修理についてはご信頼下さりお任せくださいました。


こちらの箪笥、一見、戸が外れているだけの様ですが実は色々傷んでおりました。

背面の板も外れ・・・

レールも枠も虫食いで傷んでおります。

こちらの箪笥がどのように修理されるのか、
数回に渡ってお伝えしたいと思います。

次回もどうぞご覧ください!