時代箪笥のディスプレイケース

お客様からご依頼を頂いた時代箪笥のパーツを使ったリメイク例をご紹介致します。

メインの材料となるのは、米沢地方で作られた衣裳箪笥の鏡板(かがみいた/引出しの前面部分)。時代箪笥では各地方の特徴が最もよく表れる、いわば箪笥の顔となるパーツです。


この鏡板に引出しの本体を新たに作製し取り付けます。

ついで引出しが入る収納部本体も新たに作製しました。


全体に塗装を施します。

今回はお客様の大切なコレクションのディスプレイも兼ねたいとのご要望から、内部の目立ちにくい位置にリモコンでの点灯が可能なLED照明を2基設置しました。

最後に、収納部をオリジナルの鉄製フレームにはめ込み完成です。


お客様のご要望で製作した創作度の高い家具ですが、100年前の時代箪笥の魅力を現代的な機能を持ったインテリアとして活かせた好例ではないかと思います。

可ナル舎では、テーブルや椅子、キャビネットなど現代の様々な木製家具の修理に加え、時代箪笥を始めとする和家具・建具類、また西洋アンティーク家具の再生・リメイク・ご要望に応じた加工を幅広く承っております。お見積りは無料です(出張の場合を除く)。ご興味のある方は是非お気軽にお問合わせ下さい。


お問い合わせ:可ナル舎
TEL:042-335-5253
E-mail: kanaru-sha@akariya.co.jp
Address:東京都府中市白糸台1-26-4[map]
[Open] 10:00~18:00

Instagramでも情報を発信しています。ぜひフォローください。