今週末、平和島骨董祭!!

今週末、アンティークファンにはお馴染みの平和島骨董祭が開催されます。
今でこそ様々なアンティークイベントが各地で行われていますが、遡ること40年前、1978年(昭和53年)に始まった平和島骨董祭は、国内で最も回数を重ねた骨董・アンティーク専門のインドアイベントの一つです。会場である東京流通センター(東京モノレール・流通センター駅下車)は4つのビルからなる巨大な物流センターで、中でも駅の正面に立地する展示場では様々なイベントが行われています。
その広大な会場を利用して和洋様々なジャンルを専門にする300近い店舗が全国から集まる訳ですから、内容も見応え十分。海外からのゲストを含め毎回、沢山の方々が新たな発見を楽しみに訪れます。

出発地点は、山手線のJR浜松町駅。ここで東京モノレールに乗換え、空港方面の列車に乗り込みます。区間快速・普通は停車しますが、空港快速は流通センター駅には停まらないのでご注意を。


未来的な都心のビル街を鳥になった気分で抜けると現れる川沿いの眺め。通過駅には大井競馬場もあります。
そして約10分程で最寄駅の流通センター駅に到着です。会場は目の前なので迷う心配はなく、雨の日でもさほど濡れることはなさそうです。

今回の平和島骨董祭は6/22(金)~6/24(日)の3日間の開催予定。モノレールの先では、こんな品々が皆様をお待ちする予定です。

山形県、米沢地方の衣裳箪笥。上質な塗りと金具に気品を感じるひと品です。

こちらは宮城の仙台箪笥。やはり美しい塗りに加え、中央に福の字をあしらった華やかな鉄金具、そして棒状の錠前がひときわ目を惹く独特のデザインです。

ローボードに仕立てた米沢箪笥。こちらにはブラックの鉄製スタンドが付属します。TV台にお勧めのひと品ですよ。

引出しの構成は異なりますが、こちらにも同様に専用の鉄製スタンドが付属します。ぜひ会場でご覧ください。

ほかにも水屋箪笥や薬箪笥など各種の和箪笥を始め、伊万里の器など様々な暮らしの骨董、古美術工芸品も多数お持ちする予定です。

ただいま鋭意準備中。
平和島骨董祭にてお目にかける時を楽しみにしています!
 


【 第174回 平和島全国古民具骨董まつり 】
■場所:東京流通センタービル(東京モノレール「流通センター」駅下車すぐ)
■会期:2018年6月22日(金)、23日(土)、24日(日)
■時間:10時~17時(最終日は16時閉場・入場15時まで)

※詳しくは下記サイトをご覧下さい。
平和島古民具骨董まつりHP >> http://www.kottouichi.com/heiwajima/HOME.html