引出し写真のそのわけは?

可ナル舎のオンラインショップを見ていると、時々こういう写真を目にされるかもしれません。

白日の下に置かれた、剥き出しの引き出し。
なかなかお目にかからない不思議な光景ですが、この写真、実はある理由があって載せているんです。

その訳が、こちら。
http://kanarusha.com/online/japanese-chest/j0644.html
http://kanarusha.com/online/japanese-chest/j0654.html

実は可ナル舎には専用スタジオはなく、基本的に商品の写真は店内の展示スペースを使って撮影しています。すると、天井に設置された展示用スポットの強い光がダイレクトに当たる事で、実際の色味と僅かに異なって見える事になる場合があるんです。

商品の材質や仕上げによってその振り幅はまちまちですが、和箪笥の場合、特に漆の塗りによって美しい杢目を引き立たせているものが多く、漆の透明感や鮮やかな色味を忠実にお伝えしたい、と思う事が多々あります。

http://kanarusha.com/online/japanese-chest/j0676.html

そんな時に引出しを抜き出して、自然の光の下で撮影した写真を載せている、という訳です。












自然光によって見えてくる深い漆の鮮やかさ。そして、再び生命を得たかのように浮き立つ、木々の杢目。
まさに、和家具の真骨頂ではないかと思う瞬間です。